【超具体的】iDeCoってどれぐらい利益が出るの?

こんにちは。

すみ(@blogsumikko)です。

老後の資産形成について「2000万円必要になる」とまとめた金融庁の報告書がニュースで大きく取り上げられています。

2,000万円という数字はショッキングですが、個人的には元々そんなに楽観的な展望は持っていなかったので、自助努力については色々考えていました。

仕事で必要だったこともあり、夫と一緒に制度について調べてみて、イデコについては、老後資金の形成には優れた制度とわかり、すぐに加入しました。

今回はなぜ優れていると言えるのかを簡単にお伝えしたいと思います。

イデコのメリットは3つあります。

スポンサーリンク

年末調整での所得控除だけでも絶大な効果

まず、イデコがどういう制度かそもそも知らないという方もいると思いますので、ざっくり言うと

「老後資金を自分で積み立てる税制優遇があるお得な制度」のことです。

それでは、何がお得で優れているかを見ていきましょう。

まず第一に所得控除。これが大きいです。

年末調整で掛金が所得から控除される節税メリットがあります。

色々なサイトで節税シミュレーションができるので、一度試算してみるとメリットが実感できると思います。

試算サイトはこちら↓

iDeCo<イデコ>(個人型確定拠出年金)の節税シミュレーション|確定拠出年金のJIS&T
iDeCo<イデコ>(個人型確定拠出年金)の節税シミュレーションのページ。確定拠出年金(DC)の基本から制度、運用、加入手続きについては、運営管理機関JIS&Tが提供する【確定拠出年金まるわかりポータルサイト】にお任せください。

一番積立上限額が少ない公務員でも、月に12,000円、年間144,000円が積立額の上限となっています。

このシミュレーションによると、144,000円積み立てて節税効果は年間28,800円になります。

144,000円積み立てて、28,800円の節税効果!

仮に60歳まで20年間積み立てた場合、節税額は、28,800円×20年=576,000円となります。

国内の金融機関の定期預金に預けた場合とは比較になりません。

さらにイデコは運用益も見込めますが、どうしても運用に抵抗がある場合は、運用をせずに貯蓄型の商品を選んでリスクをゼロにすることもできます。

また、退職が近い場合、運用のリスク軽減に効果的な時間の分散があまりできないため、守りの投資か貯蓄型の商品を選ぶかでも良いと思います。

これらの場合は、運用によるメリットは享受できませんが、節税効果だけでも、かなり魅力的ではないでしょうか。

運用益に対する税金が非課税

イデコでは株式、債券、REITなどから商品を選び、運用することができます。

格付投資情報センターがイデコの大手運用管理会社を対象に集計したところ、2017年度の平均運用利回りは3%となったそうです。

これを参考に、この運用の利率が3%だったとすると、60歳までの運用益は1,042,253円となります。

通常、この運用益にかかる税金は、

210,461円(!)なのですが、イデコでの運用益は非課税となるため、これがまったくかかりません。

これが2つ目のメリットです。

受け取り時にも一定額が非課税になる

イデコで積み立てた資産は60〜70歳の間に、自分が希望するパターンで受け取ることが可能です。

そして、年金として分割で受け取る場合は「公的年金等控除」、一時金としてまとめて受け取る場合は「退職所得控除」が適用され、これらの控除を所得から差し引いて税負担を軽くできます。

これが3つ目のメリットです。

まとめ

20年間、毎月12,000円積み立てて、

積立額は2,880,000円、税控除576,000円、運用益(3%想定)1,059,624円となります。

近い条件の方であれば、

「300万円ぐらいイデコで積み立てて、税控除と運用益で200万円ぐらいの恩恵が受けられる」

「リスクを採らなければ、60万円ぐらいは確実に利益がある」

と言っても過言ではないわけです。

とは言っても、これらの金額はあくまでわが家のケースで試算したものですので、収入や掛金額によって、結果は変わってきます。

一つの目安として読んでいただけたらと思います。

次回は運用について、制度の良い点(分散投資、複利運用)と商品をどのように選んだかを報告したいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

追記(R2.3.15) イデコの運用成果 コロナウイルスの影響は?

令和2年3月15日時点の記録です。

ご存じのとおり世界中でコロナウイルスの感染が広がり、WHOはパンデミックと認定

しました。

株価は暴落し、日経平均株価も20,000円を切り17,000円代を推移しています。

私のイデコの運用成果ですが、実はコロナウイルスが猛威を振るう直前まで絶好調で、損益率が19.8%と20%に迫る勢いでした。

現在はというと、一気にマイナスに転じ、マイナス16.8%(!)です。

444,000円拠出して約74,000円の損益で残高が369,855円となりました。

ポートフォリオをほぼ世界株1本にしているのでこのコロナ恐慌が直撃する形になっています。

ただ、長期分散投資においてはこの局面もチャンスと捉えることができます。

数字だけ見ると心配になりますが長くても2年以内には株価は回復するはずです。

今は損益が出ていますが、順調に安くなった株を大量に購入できていることになるので、回復した際に一気に資産が増えることになります。

追記(R2.5.28) ようやくプラスに転じる

ようやくプラスに転じ、プラス2.1%です。

※セレクトプランに移管してからの利益率

通算では、

468,000円拠出して約22,000円の損益で残高が490,867円となりました。

また、大きな動きがあればレポートします。

スミッコ
すみ

まだ第二波の心配もあり一喜一憂はせずに見守るのみ。

タイトルとURLをコピーしました