1年間SIMが実質無料で使えるキャンペーン!

【今だけお得】マイファーストフォンR1cを徹底レビュー|口コミ・評判は?

この記事では「マイファーストフォンR1c」について徹底レビューしました。

わが家では、息子はマイファーストフォンS3、娘は2022年モデルのR1sを使っており、日々の通学、習い事に大活躍してくれています。

子供が喜んで付けてくれるので、確実に位置の把握ができ、連絡がとれるのが大きなメリットだと感じています。

なお、2021年モデルのR1も以前利用していました。

今回レビューするR1cは、過去のモデルの機能の中から見守りに必要な機能を厳選して採用したことで低価格を実現しています。

この記事を読んでわかることは以下のとおりです。

この記事でわかること
  • myFirst Fone R1cと旧モデルとの比較
  • myFirst Fone R1cのメリット・デメリット
  • myFirst Fone R1cの口コミ・評判
  • myFirst Fone R1cにオススメの格安SIM

最新モデルのR1cは、定価18,800円(税込)。

しかも今なら公式サイトで12,980円で購入できます。

マイファーストフォンシリーズの中で最も低価格だったR1でも定価22,800円なので、この価格は驚きです。

他社の中国製のキッズスマートウォッチと同じぐらいの値段で購入できるようになったので、価格が理由で手が出なかった方にはオススメ。

  • 通常1年の保証期間が2年間延長できる
  • 商品到着後1週間、不具合があれば返品可能
  • 今なら早期購入特典で約6,000円引き
1万円台で購入可能!シリーズ最安値

こちらの記事で他社のキッズスマートウォッチも比較しているのであわせて参考にされてください。

【2024】キッズスマートウォッチ9選|SIMフリー|子供の見守り機能(通話、GPS等)搭載の機種を徹底比較

目次

myFirst Fone R1cと旧モデルの違い

モデルネーム myFirst Fone R2myFirst Fone R1smyFirst Fone R1myFirst Fone R1cmyFirst Fone S3
スクリーン 1.3 インチ AMOLED1.3 インチTFT1.3 インチTFT1.3 インチTFT1.4 インチLCD
カメラ 広角5MP2MP2MP2MP広角2MP
電池容量 605mAh580 mAh580 mAh580 mAh650mAh
ストレージ 8GB8GB4GB4GB8GB
本体重量 47g53g53g53g55g
SIMカード Nano (eSIM)Nano (付属)なしNanoNano (付属)
防水レベルIP68IP68IP67IP67IP68
心拍モニター
デバイス外れアラート
文字盤アニメーション
カスタマイズ
アニメーション
カスタマイズ
デフォルトデフォルトアニメーション
カスタマイズ
バイブレーション
スマートボタン
専用アプリmyFirst CirclemyFirst CirclemyFirst FonemyFirst CirclemyFirst Circle
カラーアサイー
ミルクホワイト
マカロンピンク
ブルーベリー
コットンキャンディー
スペースブルー
コットンキャンディー
Ninja
ラベンダー
ブルー
ライトグレイスペースブルー
コットンキャンディー
出典:myFirst Japan 公式サイト

最新のキッズスマートウォッチ「マイファーストフォンR1c」は見守りに重要な機能に絞ることで低価格を実現させたモデルです。

個人的には、子供の見守りに大事な機能はしっかり備えているのでコスパがとても良いと思っています。

R1cは2023年11月発売の新しいモデルですが、同時に「myFirst Fone R2」が発売中です。

コスパ重視であればシリーズ最安値のR1c、安心感を重視する方にはR2がオススメです。

最新機種のR1c、R2以外の旧モデルもクーポン利用でお得に購入できることがあるので気になる方は下の記事もあわせてチェックされてみてください。

【比較レビュー】マイファーストフォン5機種(R2、R1c、S3、R1s、R1)の口コミ|違いは?どれがおすすめ?

myFirst Fone R1cを徹底レビュー!メリット、デメリットは?

メリットデメリットと書かれたメモ

myFirst Fone R1cは、子供の安全確保とコミュニケーション能力向上を目的としたスマートウォッチです。

GPSによる位置追跡や通話機能があるため、遠くにいても子供を見守ることができます。

水や衝撃に強く、バッテリーも長持ちする頑丈な作りです。

アプリも充実しており、親と子の絆を深めるのに最適な子供の最初のスマートデバイスといえます。

高機能モデルのR2やS3よりも機能は劣りますが、十分な機能と低価格を両立させています。

この章では、機能面についてレビューしていきます。

「myFirst Fone R1c」の商品情報

商品画像
myFirst Japan公式サイト
商品名myFirst Fone R1c
本体価格
(公式サイト)
12,980円(税込)
(Amazon)

※定価18,800円
ランニングコスト
(データSIM最安値)
580円~
(税込)
文字盤の形ラウンド(丸形)
カラーライトググレイ
通話&チャット機能(SIMカード必要)通話
ビデオ通話
個別にチャットできる
対応SIMカードLINEMO
NUROモバイル
HISモバイル
など
技適認証今後取得
GPS機能前モデルと同等
SOS機能ボタンを押すと緊急信号と周囲の音(30秒)を保護者に送信
防水機能IPX67
一時的に水中に沈めた場合でも機器が影響を受けない
バッテリー580mAh
連続待受け48時間
連続通話6時間
言語
(本体)
日本語
にほんご(ひらがな)
英語
中国語
※説明書は日本語
バイブレーション機能
セーフゾーン
マナーモード
ストレージ4GB
カメラ200万画
MP3音楽
保存曲数
約500曲
心拍数モニター
壁紙設定デフォルト
アニメーション文字盤
ジェスチャー機能
アラームカスタマイズ不可(定型のアラーム)
メッセージテキスト(定型文)
音声&絵文字
画像
アプリmyFirst Circle
本体重量53g
専用シリコンケース
※学校持込時等に利用
R1、R1sと共通
別途購入が必要
公式サイトR1cをチェック
情報は2023年11月24日現在のものです。最新情報は公式サイトやリンク先からご確認ください。
※スマホアプリで操作して、スマートウォッチから自動で電話を掛け、子供の周辺の音を聞くための機能

マイファーストフォンR1c|2つのデメリット

マイファーストフォンR1cの2つのデメリットについて解説します。

カラーが1種類しかない

デメリットはカラーが1種類(ライトグレイ)しかないことです。

女の子の場合は、他のカラーを欲しかるかもしれないですね。

個人的には、ホワイトなど男の子でも女の子でも利用できるカラーだったらよかったのにと思います。

他のカラーが良い場合は、価格は上がりますが他のモデルがオススメです。

タイミングが良ければ、旧モデルがクーポン利用で安く買えることもあります。

高学年になると通話を嫌がる可能性がある

高学年になると、スマートウォッチを使って通話するのを恥ずかしがるかもしれないですね。

R1cにはメッセージ機能があるので、通話はいざというときと考えればあまり大きなデメリットではありません。

実際、わが家ではほぼ通話は使用せず、ボイスメッセージや絵文字でやりとりすることが多いです。

マイファーストフォンR1c|6つのメリット

myFirst Fone R1cの6つのメリット

  • ビデオ通話・音声通話・ボイスメッセージが便利で安心
  • リアルタイムGPS追跡で見守りができる
  • SOS機能で万が一のときも安心
  • 腕時計型のため紛失の不安がない
  • バイブレーション機能で連絡が常にとれる
  • 高機能なのに低価格を実現

ビデオ通話・音声通話・ボイスメッセージが便利で安心

子供たちの登下校や習い事のときに、いつでも親子が連絡を取ることができる安心感は非常に重要です。

マイファーストフォンR1cは、ビデオ通話、音声通話、ボイスメッセージの機能を備えています。

例えば、親が仕事中でも子供の顔を見ながら話せるビデオ通話は、子供の顔だけでなく周囲の状況もわかるので安心感があります。

リアルタイムGPS追跡で見守りができる

マイファーストフォンR1cはリアルタイムに位置情報を把握できるGPS追跡機能を搭載しています。

学校からの帰宅途中や友達との外出時も、保護者がスマートフォンから子供の居場所を確認できます。

位置情報がわかれば、少しの異変にも気づくことができ、子供が事件や事故に巻き込まれることを防ぐことができます。

SOS機能で万が一のときも安心

マイファーストフォンのSOS機能は、ボタンを長押しするだけで保護者に通知が届き、迅速な対応が可能となります。

さらに、ボタンを押してから30秒間、自動で周囲の音を録音する機能を備えています。

この機能は、他社のキッズスマートウォッチもにはない機能です。

子供でも簡単な操作で、もたつくことなく保護者に助けを求めることができ、周囲の状況も自動で知らせてくれるので他にはない安心感があります。

腕時計型のため紛失の不安がない

腕時計型のマイファーストフォンR1cは、スマートフォンやGPS端末のように、かばんやポケットに入れて持ち歩く必要がないため、紛失のリスクが低いです。

子供たちが遊ぶ際にもしっかり身につけておけるので、運動中でも簡単に落としたり、置き忘れたりする心配がありません。

登下校時を含め、日常生活の多くのシーンで手放すことなく利用できるので、常に子供の安全を見守ることが可能です。

バイブレーション機能で連絡が常にとれる

GPS端末やスマートフォンの場合は、常に子供が身につけているわけではないので、保護者からの連絡に気づかないことがあります。

一方、マイファーストフォンは腕時計型で、バイブレーション機能を備えているため、子供が連絡を見逃す心配がありません。

また、環境によっては、呼び出し音が聞こえにくい場合や、音を出してはいけない場面もあります。

マイファーストフォンR1cは、音声による通知がふさわしくない状況でも、子供と連絡を取り合うことができます。

高機能なのに低価格を実現

高品質でありながらも、家計に優しい価格設定がマイファーストフォンR1cの大きな魅力の一つです。

経済的な負担を最小限に抑えつつ、必要十分な機能を備えているため、今まで価格を理由にマイファーストフォンの購入を諦めていた方にもオススメできます。

これまで、マイファーストフォンシリーズは、最も安いR1でも22,800円でした。

R1cは機能とデザインを絞ることで定価18,800円、今なら12,980円という驚きの価格を実現しています。

マイファーストフォンR1cをおすすめしない人は?

マイファーストフォンをおすすめしない人は次のとおりです。

1. 高精度なGPSを求める人

マイファーストフォンR1cのGPS機能について、多くのユーザーから「位置情報が正確じゃない」という声が聞かれます。

設定通りに更新されないこともあり、特に子供の安全を見守るために正確な位置情報が必要な場面では不安が残るかもしれません。

子供の外出時にリアルタイムで正確な位置を把握したいと考える保護者には、他の高精度なGPS機能を持つデバイスをおすすめします。

2. SIMの設定が億劫な人

マイファーストフォンR1cは、使う前にSIMカードの設定が必要です。

この作業が技術に不慣れな方には面倒に感じられることがあります。

SIMカードの設定やAPN(アクセスポイント名)の入力、通信プランの選択など、最初にやることが多いのが特徴です。

こうした初期設定が億劫な方や、簡単に使い始めたいと考える方には、あらかじめ設定済みのデバイスの方が適しているかもしれません。

高機能モデルのマイファーストフォンR2かS3+ならeSIM対応なので面倒な設定作業が不要です。

マイファーストフォンR2のレビューはこちら

【徹底レビュー】マイファーストフォンR2!みんなの口コミ・評判は?

マイファーストフォンS3+のレビュー記事はこちら

マイファーストフォンS3、S3+の口コミ・評判|人気のキッズスマートウォッチを徹底レビュー

3. 色々なカラーから選びたい人

マイファーストフォンR1cは、カラーバリエーションが1色のため、選択肢が限られています。

特に、子供向けのデバイスでは、色々なカラーから選びたいというニーズが多いです。

お子様の好みに合わせてカラフルなデザインを選びたいと考える親御さんには、他のブランドやモデルの方が満足度が高いかもしれません。

以上の理由から、マイファーストフォンR1cは高精度なGPSを求める方、SIMの設定が面倒に感じる方、そして色々なカラーから選びたい方にはあまりおすすめできない製品です。

購入を考える際は、ご自身のニーズに合ったデバイスを選ぶことが大切です。

他のキッズスマートウォッチと比較したい場合はこちらの記事も参考にされてください。

【2024】キッズスマートウォッチ9選|SIMフリー|子供の見守り機能(通話、GPS等)搭載の機種を徹底比較

マイファーストフォンR1cをおすすめする人は?

1. 子供の見守りを重視する保護者

マイファーストフォンR1cは、子供の見守りに最適なデバイスです。

通話やメッセージ機能を通じて、子供と直接連絡が取れるため、安心感があります。

また、位置情報も確認できるので、子供がどこにいるのか把握することができ、外出時の不安を軽減します。

子供が初めて持つデバイスとして、シンプルで使いやすい点が保護者にとって大きな魅力です。

2. 子供にスマホを持たせたくない人

小学生など、まだスマホを持たせるには早いと考える保護者にとって、マイファーストフォンR1cは選択肢の1つとしておすすめです。

スマホのような多機能さがなく、シンプルに通話とGPS機能に特化しているため、子供が無駄にインターネットに依存することを防げます。

3. 手頃な価格で見守り機能を利用したい人

マイファーストフォンR1cは、手頃な価格で購入できる点も魅力です。

高価なスマートフォンを子供に持たせることに不安がある保護者にとって、コスパの良い選択肢です。

必要な機能を抑えつつ、見守り機能を充実させたこのデバイスは、経済的な負担を軽減しつつ安心を提供します。

4. シンプルな操作を好む人

複雑な操作を避けたい方にもマイファーストフォンR1cはおすすめです。

このデバイスは、シンプルな操作性が特徴で、子供でも簡単に使いこなせます。

使用方法も直感的で分かりやすいため、初めてスマートデバイスを持つ人にも適しています。

5. 軽量で持ち運びやすいデバイスを求める人

マイファーストフォンR1cは、軽量でコンパクトなデザインが魅力です。

腕時計型なので、子供が持ち運びやすくなっています。

これにより、遊びながらでも邪魔にならず、日常的に使用することができます。

特に活発な子供には、この軽さと携帯性が大きなメリットとなります。

これらのポイントから、マイファーストフォンR1cは子供の見守りを重視する保護者や、シンプルな操作を好む方、そして手頃な価格で安心を提供したい人におすすめです。

子供の安全を確保しつつ、使いやすさとコストパフォーマンスを兼ね備えています。

  • 通常1年の保証期間が2年間延長できる
  • 商品到着後1週間、不具合があれば返品可能
  • 今なら早期購入特典で約6,000円引き
1万円台で購入可能!シリーズ最安値

マイファーストフォンR1cの悪い口コミ・評判

口コミ・評判の画像

マイファーストフォンR1cに関するネット上の悪い口コミ・評判を集めました。

GPSとアプリの不具合

GPSの精度:位置情報が正確ではなく、設定通りに更新されない。以前使っていたものの方が精度が高かった。

すみ

GPSの精度は、利用している場所の状況にも影響されますが、私が使っている感覚では誤差は100メートル以内です。

アプリの使い勝手:アプリのメッセージ機能が使いにくく、反応が悪い。バッテリー最適化の案内が頻繁に表示され、操作がストレスになる。

すみ

バッテリーは数年使っていれば劣化により、メッセージが表示されると思いますが、買ってすぐに表示されるようならカスタマーセンターに対応してもらいましょう。

耐久性の問題

壊れやすさ:短期間で壊れたという声があり、特にボタンの反応が悪くなることがある。修理ができないため、再購入を諦めた。

すみ

1年間の保証があるので修理、交換は可能ですが、内容によって対応できないものもあるようですね。

マイファーストフォンR1cの良い口コミ・評判

口コミ

マイファーストフォンR1cに関するネット上の悪い口コミ・評判を集めました。

便利で安心感がある

使いやすさ:携帯より小さく軽いため、首にかけていても邪魔にならず、遊んでいる間も身につけていられる。腕につけているため、キッズ携帯より便利。


安全性:位置情報を気軽に確認でき、子供と直接連絡が取れるため、安心して外出させられる。


コスパ:通話とGPS機能があり、スマホのように無駄な操作をしないので、小学生に最適。価格もリーズナブルで、コストパフォーマンスが高い。

機能に対して満足している

通話とメールの機能:電話やメールのやりとりに問題なく使用できる。

見守り機能:安心して子供を見守ることができ、特にビデオ通話の機能が役立つ。

myFirst Fone R1cの同梱品

今後、確認次第追記します。

参考にマイファーストフォンR1sの付属品をご覧ください。

おそらくほぼ同じだと思います。

マイファーストフォンR1sの同梱品
参考:マイファーストフォンR1sの同梱品

マイファーストフォンR1sの同梱品は次のとおりです。

  • 本体
  • 充電ケーブル
  • 取扱説明書
  • 製品保証書
  • SIMカード保管用のカード
  • SIMカード内蔵(最初の3ヶ月利用料無料)

※R1cのSIMカードの利用料無料期間は1か月です。

myFirst Fone R1c にオススメの格安SIM

SIMカード

myFirst Fone の見守り機能を利用するためには、SIMカードが必要です。

オススメのSIMは、LINEMOです。

今ならポイント5,970円分がもらえるキャンペーン中です!

・マイファーストフォン対応SIMなので、故障などのトラブルがあった場合に本体保証が付く
・最大5,970円分のPayPayポイントがもらえるキャンペーン開催中

キャンペーンを今すぐチェックする

LINEMOのキャンペーンについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

LINEMOミニプランのキャンペーンで人気のキッズスマートウォッチ、マイファーストフォンを賢く利用しよう

別の記事でマイファーストフォン対応SIMについて比較して、ランキング形式で紹介しています。

あわせて参考にされてください。

【最新ランキング】マイファーストフォン対応SIMのおすすめ|後悔しない選び方

よくある質問と解答集

Q&Aの画像

ここでは、myFirst Fone R1c に関するよくある質問について回答していきます。

購入前に不安な点は、あらかじめ解消しておきましょう。

学校での配慮は?マイファーストフォンR1cと登下校の安全

myFirst Foneをランドセルの横に付けた様子

マイファーストフォンR1cは、腕時計型のGPSなので、そのまま学校に持ち込むことはできませんが、別売りのシリコンケースを使って学校に持ち込むことができます。

画像のようにランドセルに付けたり、中に入れておけば登下校中も安心です。

シリコンケースは、R1、R1sと共通なので、R1かR1sの購入画面から選択されてください。

マイファーストフォンR1cのSIMカードの設定が不安

公式YouTubeで、わかりやすく解説してくれています。

動画はR1のSIMの入れ方ですが、R1cも同様の入れ方なので参考にされてください。

マイファーストフォンR1cのSOS機能の使い方が知りたい

マイファーストフォンはSOS機能を備えています。

ボタンを長押しするだけで、保護者に通知が届き、自動的に30秒間周囲の音を録音します。

万が一、トラブルに巻き込まれたときもすぐに保護者が把握することができます。

動画を見ていただくとイメージが湧くと思います。

SNSアプリ「myFirst Circle」ってどんな風に使うの?

子どもも使える世界初のSNSアプリ「myFirst Circle」。

腕時計側からもSNS機能を楽しむことができます。

子どもがSNSを使うことに抵抗がある方も多いと思いますが、リアルで知っている人のみサークル内に入れられる仕様になっているので安心です。

また、広告が表示されることもありません。

お友達や家族と、いつでもビデオ通話、チャットができます。

そして安心安全な見守り機能も満載です。

ただ、周囲にマイファーストフォンを持っている友達がいないとSNSを使う機会はあまりないと感じています。

「myFirst Circle」について詳しく知りたい方はこちらの記事も合わせてご覧ください。

【動画あり】myFirst Foneのアプリ「myFirst Circle」の設定や使い方を徹底解説

シリーズ最強のコスパ!マイファーストフォンR1c

これまでのシリーズは2万円を超えるため、価格を理由に購入を見送った方も多いと思います。

R1cは機能とデザインを絞ったことで、低価格を実現しました。

定価18,800円ですが、今なら公式サイトで12,980円で購入できます。

また、5/1 10時までは、本体購入かフィルムセット購入で好きなカラーのベルトを1本もらえます。※数量限定

「myFirst Fone R1c」があれば、お子さんが習い事や外遊びに行ったときにも安心です。

通話、GPS、SOS機能を備えた高性能のスマートウォッチが、1週間以内なら不具合があれば返却可能です。

「習い事の送り迎えの時間がない」「子どもが大きくなって1人で出かけることが増えてきた」そんな方におすすめです。

myFirst Fone R1cはmyFirst Japan公式サイトで購入できます。

公式サイトで購入するメリットは次のとおりです。

  • 通常1年の保証期間が2年間延長できる
  • 商品到着後1週間、不具合があれば返品可能
  • 今なら早期購入特典で約6,000円引き
1万円台で購入可能!シリーズ最安値

myFirst Fone の見守り機能を利用するためには、SIMカードが必要です。

オススメのSIMは、LINEMOです。

今ならポイント5,970円分がもらえるキャンペーン中です!

子供を安心して学校や習い事に通わせるのに、見守り用キッズスマートウォッチはとても役立ちます。

・マイファーストフォン対応SIMなので、故障などのトラブルがあった場合に本体保証が付く
・最大5,970円分のPayPayポイントがもらえるキャンペーン開催中

キャンペーンを今すぐチェックする

LINEMOのキャンペーンについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

LINEMOミニプランのキャンペーンで人気のキッズスマートウォッチ、マイファーストフォンを賢く利用しよう

この記事が参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

タップで応援

にほんブログ村 子育てブログ 子供用品・子どもグッズへ

タップで応援

にほんブログ村 教育ブログ 知育教育へ

コメント

コメントする

目次