このブログの管理人「すみ」の自己紹介

スミッコブログのアイキャッチ画像

このブログに訪れていただきありがとうございます!

スミッコブログの管理人 すみです。

これまで、ブログをはじめて70記事ほど書きましたが、自己紹介記事がなかったので、改めてごあいさつをかねて記事を書くことにしました。

少しだけお付き合いください。

スポンサーリンク

こんな日々をすごしています

わたしは約10年前に結婚し、千葉から福岡へ移り住みました。

現在は、

夫:感情の起伏が少なくマイペース

7歳の息子:こだわりが強く努力家、空想癖あり

5歳の娘:天真爛漫で思いやりがある

とわたしの4人で暮らしています。

また、某会社(社員2,000人規模)で正社員として働いているので、家事育児と合わせてけっこう忙しい毎日です。

そんな日々のなかで、子どもと一緒にいると、大人になって忘れていた感性が刺激され、毎日新鮮な発見があります。

また、子どもと一緒に遊びながら学ぶことで、これまで興味のなかった歴史や地理、世界情勢や近未来のことなどについて本を読んだりネットで情報収集したりするようになりました。

夫と2人の子どもたちとワクワクする日々、そしてブログを始めて本などから学んだことをアウトプットする。

毎日、とても楽しく充実しています(^^)/

子どものころ~結婚するまで

今は楽しい日々をすごしているわたしですが、結婚する前はあまりしあわせを感じることがありませんでした。

子どもの頃は、両親が不仲で、わたしは特に父親との関係がうまくいっていませんでした。

そんな家庭に育ったため、仲の良い家庭にあこがれていましたが、自分には縁のないことだと思って大人になりました。

やりたいこともなく、なんとなくで自分の進路を決め、未来に対しても希望を持てずにいました。

仕事

結婚前に働いていた職場はブラックというほどではありませんでしたが、忙しく、時間や気持ちに余裕がありませんでした。

毎日、22時ぐらいまで残業して、土日のうち1日は自主的に出勤してましたが、やってもやっても充実感がなく、心のなかで、できない自分を責めていました。

恋愛

また、恋愛については、根底にあった自己肯定感の低さのせいで、どこか相手を信じることができずにうまくいかなくなることが多かったです。

どこか本気で、わたしのことを完全に理解してくれる人と恋愛・結婚したいと思っていました。(そんな人はいません)

夢見がちなテイカーだったんですね。

仕事、プライベートについて振り返ると、この考え方ではしあわせにはなれなくて当たり前と思います。

そんなこんなで、20代は、暗黒の時代をすごしました(^^;

読書で思考が変わる

わたしは、子どものころから本はそこそこ読んでいたのですが、小説がメインでした。

20代後半に「夢をかなえるゾウ」を読んでから、徐々にビジネス本や自己啓発本を読むようになりました。

この「夢をかなえるゾウ」はドラマも大好きだったのですが、マインドの部分を中心に具体的なアドバイスにも影響を受けました。

その後、どんどん興味の幅が広がり、

太田英基さんの「僕らはまだ、世界を1ミリも知らない」

僕らはまだ、世界を1ミリも知らない (幻冬舎文庫) | 太田 英基 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで太田 英基の僕らはまだ、世界を1ミリも知らない (幻冬舎文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。太田 英基作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また僕らはまだ、世界を1ミリも知らない (幻冬舎文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

名越康文さんの「心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」」

辻秀一さんの「自分をごきげんにする方法」

自分を「ごきげん」にする方法 | 辻 秀一 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで辻 秀一の自分を「ごきげん」にする方法。アマゾンならポイント還元本が多数。辻 秀一作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また自分を「ごきげん」にする方法もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

ほかには、マインドフルネス、禅、AI関連、仕事術なども読むようになりました。

上であげた本は特に考え方が変わるきっかけになりました。

✅自分の生きている世界がすべてではない

✅自分を傷つけないようにするには、いま・ここ・じぶんに集中する

✅ごきげんでいることで生活の質が上がる

この考え方を知るだけで、気持ちは楽になり、人生も好転しました。

自分のためだけに生きるのはつかれます

暗黒の20代では、

自分の苦しさをどう解決していくかとか、

人間関係で傷付かないようにするにはどう立ち回るか

という感じで、自分の内面ばかり見て過ごしていました

30代になり、ふと、自分のことばかり考えて生きるのは大変だと思うようになりました。

この考え方に至るには、名越康文さんの著書にヒントがありました。

具体的には、いろいろな顔を持って、自分を分散することが生きるうえでのリスクヘッジになるということです。(例えば、いまのわたしなら、妻、母親、会社員、ブロガー)

誰かのことを考えると自分と向き合う時間が減る

少し話がそれましたが、夫と出会って、わたしは自分のためというよりも相手の未来を良くすることを願って結婚すると決めました

人生の大事な選択を、「与えられること」より「与えること」を重視して決めたことは良い判断だったと思います。

それが結果的に自分のためになりました

その後、子どもたちが生まれ、わたしの生活は自分のこと以外に、夫と子ども2人のことを考える日々になりました。

内向的な性格で、自分の心と向き合いすぎる人には結婚はおすすめです。

さらに、ブログを書くようになって、だれかに伝えるために、喜んでもらうために思考を毎日巡らすので、過去の後悔や未来への不安について考えて自分で自分を傷つける時間が減りました

ブログでのアウトプットを習慣にするのもおすすめします。

これからの話

今後も、ブログを軸にTwitterなどでだれかの人生にプラスになることを発信していきたいと思っています

特に、子育てを中心に学び、アウトプットしていくことはわたしのライフワークと考えているのでずっと続けていきたいです。

このブログを読んでいるあなた、そしてあなたのお子さんと一緒にこのブログも成長していきたいと思っていますので、ぜひ末永くよろしくお願いします

最後までお読みいただきありがとうございました。

お問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました