小学生におすすめの図鑑セット(MOVE・NEOなど)知育マニアの私が徹底比較!

こんにちは!

すみ(@blogsumikko)です。

今回の記事では、大手出版社4社の図鑑セットを徹底比較します。

「図鑑」は、「辞書」「地球儀(地図)」と並んで知育の3種の神器と言われています。

私が学習面で一番大事にしているのは子どもの「好奇心」を刺激することです。

16万人の脳画像を見てきた脳医学者の瀧靖之氏は、著書「『賢い子』は図鑑で育てる」の中で次のように述べています。

「賢い子」というのは、「好奇心」をもって世の中をもっと見たい!知りたい!と思い、そのために「学んで」みずから走り出せる子だと考えています。

~中略~

この世界を知る第一歩が『図鑑』だと思うのです。

未就学児でも充分楽しめる大手4社が出している図鑑セットですが、小学生以上のお子さんにはさらに知的好奇心を刺激し、学習面の効果も期待できる優秀なアイテムになります。

今回ご紹介する図鑑シリーズは、高学年まででも充分利用できる本格的な図鑑です。

このページをご覧の方は、すでに図鑑の魅力や効果をご存じだと思うので、前置きはこの辺にして本編に入っていきます。

もし、図鑑の魅力や効果を知りたい場合はこちらの記事をどうぞ

【3歳から高学年まで】最高の知育アイテム「図鑑」の魅力・効果を徹底解説!

また、ピンタレストのピンを保存しておくと、何度でも読み返すことができます。

よろしければリピンをお願いします。

小学生(低学年から高学年)まで使えるおすすめの図鑑シリーズは「MOVE」

※MOVEの「危険生物」を夢中で読む長男(8才)

最初に結論から言ってしまいます。

私が4大出版社の図鑑シリーズを徹底比較しておすすめするのは講談社が発行している「MOVE」です。

私が子育てで大事にしているのは、「ワクワク」する心を大切にすることです。

その好奇心の「ワクワク」を最も刺激する図鑑が「MOVE」です。

ほかの図鑑もそれぞれ魅力があるので、子育てで何を重視するか、お子さんの性格や好みで変わると思います。

ほかの図鑑の魅力やなぜ私が「MOVE」をおすすめするのかを知りたい方はぜひこの記事を参考にされてください。

もし、この時点で「MOVE」を購入しようと思われる方は、こちらをどうぞ。

最近の学習図鑑シリーズの動向

ここ数年の図鑑を取り巻くトレンドをざっと書いてみました。

・一昔前はカテゴリー型と呼ばれる図鑑(「動物」・「植物」など)のみで、図鑑は書店から消えそうになっていた

・2002年に小学館のNEOシリーズが登場し、子どもたちに考えさせたり体験を促したりする内容に刷新

・2009年にテーマ型図鑑の元祖「小学館の図鑑NEO+くらべる図鑑」が大ヒット
くらべる図鑑は、動物同士の大きさを比較したり走る速さを比べたりして、いろいろな発見や驚きがある画期的な内容

・テーマ型図鑑のブームが続き、3~4年で下火に

・2011年に講談社のDVD付き図鑑MOVEが爆発的な大ヒット

・2012年にポプラ社がWONDAで参入

・2014年に学研と小学館がDVD付きの新版に大改訂したり新シリーズを刊行

・学研の新シリーズの図鑑「LIVE」はスマートフォンやタブレット端末に専用アプリをダウンロードして本にかざすと、3D映像や動画で昆虫や動物が飛び出す

・小学館の「NEO」は、恐竜や昆虫などを世界標準の最新分類ごとに進化に沿って紹介

・最近の業界シェアは、大手4社でほとんどを占めていて、小学館が頭一つ抜けている

図鑑はセットでそろえた方が効果的です

子どもは、毎日いろいろなものに触れ、興味・関心を示します。

・公園で珍しい虫を見つけたとき

・テレビでサバンナの動物を見たとき

近くに図鑑があれば、くわしく調べることができます。

同じページに掲載されている他の虫や動物もついでに見ることができるのも、図鑑の魅力です。

セットでそろえておくと、例えば、虫捕りに公園に行ったときに見た「花」などの他の項目も、気になったらすぐに調べることができます。

理想はリビングに本棚を用意して、いつでも子どもが自分で取り出せる位置にならべておくことです。

最初は、親が一緒に「さっきの花も調べてみよう」と声かけをしながら図鑑を開くとお子さんも図鑑を好きになっていくと思います。

セットで買うのを迷われている場合や場所をとるのが嫌な場合は、電子書籍もあるので試しにお子さんの興味のあるジャンルをタブレットやパソコンで見るのもおすすめです。

各社の図鑑を徹底比較してみました

比較項目NEOLIVEMOVEWONDA
出版社小学館学研講談社ポプラ社
巻数24242816
DVD付き冊数1624280
価格(税抜)2,0002,2001,600~2,200円2,000
各シリーズの特徴シリーズ売上№1。
世界標準の最新分
類、解説はほとんど
を研究者が執筆。
紹介する種類、情
報量が多く、長く使
える。ドラえもんが
映像でナビゲート。
「本物」にこだわっ
た写真。大きさを比
較したり、クイズが
あったり子どもの興
味を引く工夫がされ
ている。スマホと連
動して立体映像が
見られる。
爆発的ヒットを記録
したシリーズ。1つ
の種類にしっかり
焦点を当てていて
読み応え、メリハリ
がある。文字よりも
ビジュアル重視。好
奇心を刺激する躍
動感。
学校図書館採用率
№1。情報量とわか
りやすさにこだわっ
たシリーズ。正式種
名だけでなく通称
でも検索ができると
いった検索のしや
すさに工夫。
写真やイラスト世界標準の最新分
類を写真やイラスト
で解説 写真、イラ
ストは多め
実物大写真や超拡
大写真など、リアル
さも追求
子どもがワクワクす
る迫力ある写真、イ
ラストは人気漫画
家が担当
きれいにまとまって
見やすい。動物の
あくび顔の特集な
ど楽しい写真。
動画比較ドラえもんと一緒
に、生き物の不思
議な生態をDVDで
楽しめる
英国放送協会BBC
が制作したDVDが
付属
NHKが制作した
DVDが付属
YouTube動画で、
図鑑の使い方を解
その他DVDがない図
鑑にはスペシ
ャル特典あり
全ての図鑑にポ
ケット版が付属

今回、比較してみてわかったのは、同じ図鑑と言っても、どんな図鑑を目指しているかは各社によって違いがあるということです。

それぞれの思いや工夫があっておもしろいですね。

ここからは、図鑑ごとに特徴や魅力を深掘りしていきます。

講談社「MOVE」は最も子どもの好奇心を刺激する図鑑です

私のおすすめはこちら!

とにかくビジュアル重視で迫力満点。

説明は易しく分かりやすいので、子どもがどんどんページをめくりたくなるワクワクする図鑑です。

子ども達が驚き、感動するような写真やイラストがたくさん掲載されています。

「一生心に残る写真やイラスト」を心がけて製作されているそうです。

世界中から集めた迫力のある写真、最新の情報にもとづき、人気漫画家が書き下ろしたイラストが本当に魅力的です。

付属のDVDは、NHKスペシャルや「ダーウィンが来た!」でも使用された映像を、MOVEのために特別編集した映像です。

わが家では、よくNHKの「地球ドラマチック」をよく見ているので、このDVDも魅力的です。

しっかり調べることを重視される場合は、他社の図鑑の方がいいかもしれませんが、好奇心を刺激して子どものワクワクを引き出すならこの図鑑!

私は「MOVE」を推します。

Amazonでは18巻セットが一番巻数の多いセットですが、楽天、ヤフーショッピングではもっと多い巻数のセットもあるようなので参考にされてみてください。

こちらのページ内に図鑑ごとのサンプル動画があります↓

動画まとめTOP - コクリコ[cocreco]
動く図鑑MOVE 本の動画が見れます | 動画まとめTOP - コクリコ[cocreco]

小学館「NEO」シリーズは、売上ナンバー1の図鑑です

NEOシリーズのキャッチフレーズは、「3歳から高学年まで、長く使える本格図鑑」です。

小さいお子さんが生き物や自然、乗り物などに深い興味を持ち、大きくなっても長く使い続けられる、しっかりとした内容の図鑑です。

昆虫や魚、花などの写真、動物や恐竜、鳥などのイラストは、ほとんどがこの図鑑のためだけに撮影され、描かれた作品です。

1点1点にこだわりが詰まっています。

また、解説文のほとんどを研究者が執筆されているので情報が正確で、最新の知見が盛り込まれています。

わが家の子どもたちはドラえもんが大好きなので、付属のDVDでドラえもんが内容をナビゲートしてくれるのはかなり魅力的です。

最初の入り口が魅力的じゃないと、せっかく内容がすばらしい図鑑でもあまり見ないということもありますからね・・・(^^;

内容も子どもを引きつけるしかけも間違いない図鑑です。

お子さんがドラえもん好きなら、さらにおすすめです。

Amazonでは10巻ずつのセットしか取扱いがないようなので、リンクを2つ貼っておきますね。

楽天やヤフーショッピングでは、もっと多い巻数のセットもありました。

(全巻セットはヤフーショッピングのみ)

小学館の図鑑NEO2020「新版 星と星座」CM

学研「LIVE」は本物志向のお子さんにおすすめです

LIVEの名前のとおり、動物の息づかいが聞こえてきそうな生の迫力が感じられる図鑑です。

実物大の写真など、迫力の写真が満載です。

本物の姿が伝わる写真の数々。

また、付属のDVDは、英国BBC製作の貴重な映像を収録したものです。(『鉄道』は学研のオリジナル作品)

さらに、「LIVE」だけの魅力はスマートフォンと連動することです。

スマートフォンをかざすと、3DでCGの恐竜や危険生物が飛び出し、実際に動くところを見ることができます。
本物志向でスマートフォンに親しんでいるお子さんには、おすすめです。
Amazonでは、全巻セットのような巻数の多いセットの取扱いがないようなので、人気の5冊セットをご紹介しておきます。
楽天、ヤフーショッピングなら巻数の多いセットもあるので、参考にされてみてください。
学研の図鑑 LIVE プロモーションムービー

「ポプラディア大図鑑WONDA」は最も調べやすい図鑑です

図鑑にとって最も重要なことは「情報量」と「分かりやすさ」を重視した図鑑です。

教科書と連動していて、学習に役立ちます。

学校図書館の採用率ナンバー1の信頼感も大きいですね。

WONDAは、迷うことなく自分が知りたい情報にたどり着ける、お子さんが本当に使いやすい図鑑です。

自分の力で調べる力を身につけ、調べる楽しさを実感できます。

「WONDAプラス」は、生き物などの種類を見分けるポイントがひと目でわかる工夫や、さらに詳しくなれる情報を盛り込んだコラムです。

「WONDAズーム」では、大迫力の写真やイラストで生き物や自然の魅力が伝わります。

私が「WONDA」でいいなと思ったのは、すべての図鑑にポケット版がついていることです。

ポケット版があれば公園などに遊びに行くときに持ち歩くことができます。

また、DVDはついていませんが、図鑑ごとに使い方の解説をYouTubeで見ることができます。

お子さんにしっかり学習と連動した知識を身につけてほしい場合は、「WONDA」がおすすめです。
Amazonのセットは前期と後期のシリーズに分かれているので両方ご紹介しておきます。
楽天やAmazonならもっと多い巻数のセットもあるので参考にされてください。
ポプラディア大図鑑 WONDA ⑦「恐竜」 図鑑の使い方

図鑑はプレゼントにもおすすめです(入学祝、誕生日、クリスマスプレゼントなど)

わが家では、高いけど子どものためになるものについては、おじいちゃんおばあちゃんに相談して購入することもあります。

図鑑は全巻セットでそろえようとすると、約35,000~50,000円かかります。

これを、例えば入学祝に、夫の両親、自分の両親、自分たちの3つの財布で購入すれば、3分の1の負担で購入できます。

兄弟姉妹がいれば、一緒に楽しめるのでコスパはさらに良くなりますよ。

まとめ

各社の図鑑を徹底比較してみた結果、私は「MOVE」に魅力を感じました。

それぞれの家庭の教育方針、お子さんの好みによってどのシリーズがベストなのかは変わってくると思います。

この記事を読み返していただいて、お子さんに合った一生の宝物になる図鑑を選んであげてください。

最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました