【2022年度ランキング発表】幼児通信教育教材おすすめの8社を徹底比較

【ランキング発表!】幼児通信教育教材8社を徹底比較アイキャッチ画像

教室に通わせるよりもコスパが良く、気軽にはじめられるというメリットから、多くの家庭で取り入れられている幼児通信教育。

教材は幼児教育のプロが研究して作成しているため、大きな知育効果が期待できます。

ただ、いざ教材を選ぶときに、次のようなことで悩む方も多いと思います。

  • 種類がたくさんあって、何を基準に選んでいいかわからない
  • 子どもが続けられるか不安

そこで、幼児通信教育の教材について徹底的に比較してメインで利用する教材のランキングベスト3を作成しました。

この記事でわかること
  • 教材を選ぶ基準(ランキングの基準)
  • メインで利用する教材のベスト3
  • タブレット学習のベスト2
  • サブ教材としておすすめの教材
  • 8つの教材の特長や利用の仕方

この記事を読めば、どんな基準で教材を選べばいいかがわかり、あなたにとってベストな教材を選ぶことができますよ♪

まずは、ランキングをどうぞ!選んだ基準や8つの教材の特長について知りたい方は記事を読み進めてください。

※ IDを指定してください。
こどもちゃれんじ

第1位は幼児通信教育教材の王様「こどもちゃれんじ」です!
続けやすさ 4.5 
コスパ(料金の安さ)4.0 
教材の内容 4.5 
難易度 3.0 
親の関わり方 3.5 
プラスα 5.0
バランスが良く、0歳からはじめられ、カスタマイズの幅が広いのも魅力です。
R4年度からは年長のみですが、タブレットにも対応することになりました。

幼児ポピー

コスパ最強の幼児ポピーが第2位!
続けやすさ 4.0 
コスパ(料金の安さ)5.0 
教材の内容 4.0 
難易度 2.0 
親の関わり方 4.5 
プラスα 4.0
学習習慣を身につけ、基礎をしっかり固める教材としては十分な内容を驚きの価格で提供してくれます。
脳の専門家の研究でも、ポピーに取り組んだ効果が前頭野の働きや非認知能力の伸びに現れていることが実証されています。

Z会幼児コース

第3位はバツグンの評価で多くの賞を受賞しているZ会幼児コース!
続けやすさ 3.5 
コスパ(料金の安さ)4.0 
教材の内容 5.0 
難易度 4.5 
親の関わり方 5.0 
プラスα 3.5
年少のコースでは、ほかの教材と大きな差はありませんが、学年が進むと進度が早くなります。
お勉強だけでなく親子での体験学習を大事にしています。体験学習は内容はとてもすばらしいですが、忙しい方にとっては負担に感じるかもしれません。

なお、わが家が実際に利用している教材は、こどもちゃれんじワンダーボックスです。

この2つは個人的にとても気に入っている教材ですが、お子さんの性格やご家庭の事情によっては、必ずしもベストというわけではありません。

この記事を参考に、お子さんにとってベストな教材を選んであげてくださいね♪

目次

幼児通信教育教材8社比較表

今回比較する教材について、基本的な情報をまとめました。

教材名 対象年齢 料金 教材の種類
こどもちゃれんじ 0歳〜6歳 2,480円
※じゃんぷタッチは2,980円
紙のワーク
映像教材
知育おもちゃ
※年長はタブレット
選択可
幼児ポピー 2歳〜6歳 1,100円 紙のワーク
動画・音声による
サポートあり
Z会幼児コース 3歳〜6歳 2,860円 紙のワーク
すまいるぜみ 4歳〜6歳 3,278円 タブレット
RISUきっず 4歳〜6歳 2,728円 タブレット
モコモコゼミ 1歳〜6歳 2,662円 紙のワーク
※追加オプションで
映像コンテンツ利用可
がんばる舎 2歳〜6歳 950円 紙のプリント
ワンダーボックス 4歳〜10歳 3,700円
【特典コードあり】
紙のワーク
アプリ
工作キット

幼児通信教育教材の失敗しない選び方:6つの基準で選ぼう

たくさんあって選ぶのがむずかしく感じると思いますが、一般的に教材を選ぶときに重視する項目は、次の6つになると思います。

  • 続けやすさ
  • コスパ(料金の安さ)
  • 教材の内容
  • 難易度
  • 親の負担
  • プラスα

この6つの基準をもとに検討して、それぞれのご家庭に合ったものを選ぶといいと思います。

それでは、1つずつ解説していきます。

続けやすさ

幼児教育で私が最も大事だと思うのは、「学習習慣をつけること」、「学ぶことが楽しいと思えるようになること」です。

どんなに親が一生懸命教材を選んでも、お子さんが最初から興味を示さなかったり途中で飽きてしまったら元も子もありません。

教材によっては、白黒のプリントだけのシンプルなものもあれば、紙とデジタルでゲーム性のあるハイブリッド教材もあります。

また、キャラクターが楽しくナビゲートしてくれるようなものもあります。

お子さんの性格や教育方針によって、何を評価するかは変わると思いますが、お子さんが楽しく取り組める教材を選ぶことが一番大事だと思います。

続けやすさの点で、私のイチオシはこどもちゃれんじです。

こどもちゃれんじについては、次の2点が続けやすさの理由です。

  • しまじろうというキャラクターが確立していて、テレビや映画との相乗効果で学習が好きになること
  • 知育おもちゃなど、子どもが楽しいと思える教材が充実していること

実際に、私はトータル6年半もの間、こどもちゃれんじを継続してきました。

詳しく知りたい方はこちらの記事もあわせてご覧ください。

【驚きの効果】評判通り!こどもちゃれんじを6年利用した私の口コミ・感想

また、タブレット教材は紙の教材よりも子どもがハマりやすい傾向がありますが、目の健康なども気になりますよね。

タブレットの利用については、個人的には小さい頃は紙の教材、ある程度大きくなってからタブレット教材を利用するのがおすすめです。

こどもちゃれんじには、年長から、タブレットコース「じゃんぷタッチ」があるので、そのタイミングで移行できますよ♪

【新登場】じゃんぷタッチ!しまじろうと学ぶこどもちゃれんじのタブレット教材を徹底解説

タブレット教材が気になる方は次の3つも選択肢として検討されると良いと思います。

  • 総合的に学ばせたいならすまいるぜみ
  • 算数と英語に特化して学ばせたいならRISUきっず
  • 思考力、IQアップを重視するならワンダーボックス

コスパ(料金の安さ)

一般的に、小学生→中学生→高校生と学年が上がると、習い事や塾に通う費用は増える一方だと思います。

後々の教育負担を考えると、料金は安いに越したことはないですよね。

また、スポーツや楽器などほかの習い事との兼ね合いもあると思うので、学習面に充てられる範囲の中で、最も効果のあるものを選びたいところです。

料金のみで選ぶなら、がんばる舎、幼児ポピーがおすすめになりますが、コスパで言えば、幼児ポピーが特におすすめです。

ポピーについて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

幼児ポピーはいつから・何歳からはじめるのがいい?おすすめの時期を解説!

教材の内容

大手8社の教材の内容は、違いはありますが内容がイマイチというものはありません。

その中で客観的に評価するためには、受賞歴で比較しました。

下の表は、2021年度のイード・アワードの受賞結果です。

Z会がダントツ、こどもちゃれんじ、ポピーもそれぞれ部門賞を受賞しています。

最優秀賞 Z会の通信教育 幼児コース
部門賞:
効果のある通信教育
Z会の通信教育 幼児コース
部門賞:
子供が好きな通信教育
こどもちゃれんじ
部門賞:
教材が良い通信教育
Z会の通信教育 幼児コース
部門賞:
継続しやすい通信教育
こどもちゃれんじ
部門賞:
学費の満足度が高い通信教育
幼児ポピー「ポピっこ」
部門賞:
受験・進学情報の充実している
通信教育
Z会の通信教育 幼児コース
部門賞:
ブランド信頼性の高い通信教育
Z会の通信教育 幼児コース

また、ワンダーボックスは、「第14回ペアレンティングアワード モノ部門」、「2020年度グッドデザイン賞、キッズデザイン賞」を受賞しています。

難易度

がんばる舎、RISUきっず、ワンダーボックス、すまいるぜみは次の理由から表から除いています。

  • がんばる舎は購入するときに難易度を選べる。
  • RISUきっず、ワンダーボックスは進め方で難易度が変わる。
  • すまいるぜみは2022年度から国語・算数は無学年式となり、中学3年生レベルまで進めることができるようになった。

なお、こどもちゃれんじは、年中から選択できる思考力特化コースでは、難易度は一気に上がり、Z会と同程度かそれ以上のレベルとなります。

教材によって難易度にはかなり違いがあるので、お子さんの状況によって合うものを選んでください。

例えば、市販の教材などで学習自体に慣れている場合は、むずかしめの教材を選んでも問題ないと思いますが、初めて学習に取り組む場合は、ポピーやこどもちゃれんじを選ぶと良いと思います。

今回紹介している教材の中で、難易度を比較すると上の図のようになりますが、どの教材を選んでもレベルが低いということはありません。

この中で最も易しい幼児ポピーの年長が終わる頃の到達度は次のとおりです。

  • ひらがなが書ける
  • カタカナが書ける
  • 時計が読める

どの教材を選んでも、小学校入学前の準備としては十分な学力が身につきます。

親の関わり方

例えば、紙かタブレットかによっても、1人で学習が完結するかどうかが変わります。

タブレットであれば、採点機能が付いているので親が丁寧に見てあげる必要はありません。

また、こどもちゃれんじのように映像コンテンツが充実している教材なら、子どもが見ている間に家事を進めることもできます。

共働きなどで忙しいご家庭であれば、重要なポイントかと思います。

タブレット学習なら、すまいるぜみがおすすめですが、年中からしかコースがないため、早く知育を始めたいならこどもちゃれんじを選ぶと良いと思います。

こどもちゃれんじから途中ですまいるぜみに乗り換えたり、年長になればこどもちゃれんじにもタブレットコースがあるのでそちらを選択するのがおすすめです。

プラスα

教材によって個性があるので、ほかの教材にはない独自の魅力があればそこも評価のポイントにしました。

教材名 プラスα
こどもちゃれんじ

0歳から知育をはじめられる
知育玩具付き
生活習慣が身につく
オプション充実
(英語、プログラミング、サイエンス、知育等)
映像コンテンツ充実
キャラクター(しまじろう)の知名度が圧倒的

幼児ポピー 2歳から知育をはじめられる
運動や生活習慣も学べる
Z会幼児コース イード・アワード幼児総合最優秀賞のほか4部門受賞
体験学習
余計な付録はつかない
すまいるぜみ タブレットで総合学習を始められる唯一の教材
R4年度から無学年式を導入
モコモコゼミ 小学校受験で有名なこぐま会の教材
キャラクターがかわいい
RISUきっず 算数特化のタブレット学習
無学年式
R4.3月から英語コンテンツ提供開始(追加料金不要)
がんばる舎 価格が最も安い
お試しで1ヶ月の教材
ワンダーボックス STEAM教育
IQアップが期待できる
アナログ、デジタルのハイブリッド教材

幼児通信教育教材ランキング

まず最初に、メインで使う教材のランキングを作成しました。

6つの視点で作成した総合ランキングベスト3は次の通りです。

この3つから選べば間違いないと思います。

こどもちゃれんじ

第1位は幼児通信教育教材の王様「こどもちゃれんじ」です!
続けやすさ 4.5 
コスパ(料金の安さ)4.0 
教材の内容 4.5 
難易度 3.0 
親の関わり方 3.5 
プラスα 5.0
バランスが良く、0歳からはじめられ、カスタマイズの幅が広いのも魅力です。
R4年度からは年長のみですが、タブレットにも対応することになりました。

幼児ポピー

コスパ最強の幼児ポピーが第2位!
続けやすさ 4.0 
コスパ(料金の安さ)5.0 
教材の内容 4.0 
難易度 2.0 
親の関わり方 4.5 
プラスα 4.0
学習習慣を身につけ、基礎をしっかり固める教材としては十分な内容を驚きの価格で提供してくれます。
脳の専門家の研究でも、ポピーに取り組んだ効果が前頭野の働きや非認知能力の伸びに現れていることが実証されています。

Z会幼児コース

第3位はバツグンの評価で多くの賞を受賞しているZ会幼児コース!
続けやすさ 3.5 
コスパ(料金の安さ)4.0 
教材の内容 5.0 
難易度 4.5 
親の関わり方 5.0 
プラスα 3.5
年少のコースでは、ほかの教材と大きな差はありませんが、学年が進むと進度が早くなります。
お勉強だけでなく親子での体験学習を大事にしています。体験学習は内容はとてもすばらしいですが、忙しい方にとっては負担に感じるかもしれません。

それでは、ベスト3の教材について詳しく解説していきますね♪

第1位:こどもちゃれんじ

こどもちゃれんじおもちゃ

こどもちゃれんじは、幼児向け教材の王様と言われるほどの定番の教材です。

6つの基準では、続けやすさ、教材の内容、親の関わり方、プラスαで高評価。

イード・アワード2021でも2部門受賞。

年齢ごとにコースが分かれていて、0歳から受講できる教材は、こどもちゃれんじのみです。

また、大手ならではのきめ細やかさで、英語やプログラミングなど、お子さんの興味に合わせてカスタマイズできるのがおすすめのポイントです。

また、年中からはワーク重視の思考力特化コースを選べたり、年長からは「じゃんぷタッチ」というタブレットコースも選べるようになりました。

もし、お子さんの興味の幅が広がったり、難易度を上げたいとなった場合でも、途中でコースを変更することもできます。

ほかの教材では、このような柔軟性はありません。

個人的には、色々な教材の中で、どれを選んでいいかわからないという方は、こどもちゃれんじを選んでおけば大丈夫だと思います。

1年の中で、新学期が始まる前の今の時期は各社がキャンペーンを展開しているので、入会するのに最もお得です。

資料請求するだけで、豪華な体験教材やプレゼントがもらえます。

また、4月号からの入会で、最低受講期間が2か月から1か月になり、アンケート回答でAmazonギフト券3,000円がもらえます!(つまり実質無料で1か月受講できます!)

詳しくは公式サイトをチェックしてみてください♪

\ 今なら無料体験教材がもらえる! /
こどもちゃれんじ
公式サイト

こどもちゃれんじ
対象年齢 0~6歳
月額料金(税込)
※2022年度の情報
※一括払いの場合
0~1歳:2,074円(毎月払いのみ)
1~3歳:2,280円
年少~年長:2,480円
(年長のタブレットコース)2,980円
教材の内容 ワーク、知育おもちゃ、絵本、
映像コンテンツ
(DVD or デジタルコンテンツ)
メリット ・0歳から月齢に合った知育を始められる
・生活習慣、学習習慣が無理なく身につく
デメリット ・部屋が散らかる
・ワークがもの足りない
その他 ・デジタルコンテンツが充実
(しまじろうクラブTV」
「しまじろうクラブアプリ」)
・英語教材あり(一部教材に含ま
れるものと別途料金が必要なコー
スあり)
・プログラミング、サイエンス、
リズムなどのコースを追加可能
(別途料金必要)
・2022年度から年長コースでタブ
レットコースが新設

第2位:幼児ポピー

幼児ポピーは、テレビCMなどの広告なしで口コミだけで40年続く定番の教材です。

2~3歳児コース(ももちゃん)~年長(5~6歳児)コースまで4つのコースがあります。

ポピーの特長は何といってもコスパの良さです!

他の教材と比較しても圧倒的に料金が安いのですが、ただ安いだけでなく教材もしっかりしています。

学校教材のドリルなどを作成している、株式会社新学社がポピーの教材を監修・編集しているので、学校の勉強につながる学習ができます。

また、ポピーの教材は脳の専門家、篠原菊紀先生監修のもと作られていて、前頭葉の発達や非認知能力を伸ばす効果も実証されています。

また、教材はシンプルで余計な付録などが付いてきません。

無料でお試しできるので、気になる方は一度公式サイトから請求されてみてください。

また、4月号入会キャンペーンにより、1か月だけの入会ができます。

ポピーは980円~1,100円と破格の値段なので、1か月試して合わなければやめても大きな出費にはなりません。

4月号だけまずは契約してみるのもおすすめですよ♪

\ 今すぐ公式サイトをチェックする! /
幼児ポピー公式サイト

幼児ポピー
対象年齢 2~3歳・年少・年中・年長
月額料金(税込)
※2022年度の情報
2歳~年少:980円
年中・年長:1,100円
教材の内容 テキスト、特別教材、デジタルコ
ンテンツ
英語教材(年中・年長のみ)
メリット ・総合的に学べて財布に優しい
・小学校の入学準備がムダなく
できる
デメリット ・ワークが簡単
・ワークの量がもの足りない
その他 ・デジタルコンテンツで頭を鍛え
るゲーム、運動あそび、実験の動
画などが視聴可能
・英語教材あり(一部教材に含ま
れるものと別途料金が必要なコー
スあり)

第3位:Z会幼児コース

Z会 幼児コースは、基礎をしっかり固めて思考力を伸ばす教材です。

また、親子の体験学習を重視しています。

年少~年長までの3つのコースがあります。

Z会の特長は何といってもあと伸びが期待できることです!

ほかの教材と比較して難易度が高いのですが、親子で学んでいくことを前提としているので一緒に取り組めば、きちんと学力が身につきます。

また、イード・アワード2021では、幼児総合最優秀賞をはじめ、以下の4部門で受賞しました。

・効果のある通信教育
・教材が良い通信教育
・受験・進学情報の充実している通信教育
・ブランド信頼性の高い通信教育

これはほかの教材を抑えてダントツの評価です。

教材の信頼度は抜群ですが、親の手がかかるのは間違いないのでそこは覚悟が必要です。

親子で取り組む体験型教材や絵本型教材もあり、好奇心を刺激し、思考力をのばす効果が期待できます。

今なら特別なワークとおためし教材がもらえるキャンペーン中です。

資料請求するだけでもらえるので、ぜひ申し込んでおきましょう!

また、入会キャンペーンも展開していて、学年ごとに豪華なプレゼントがもらえます♪

\ 今すぐ公式サイトをチェックする! /
Z会 幼児コース

Z会 幼児コース
対象年齢 年少・年中・年長
月額料金(税込)
※2022年度の情報
年少:1,870円
年中:2,244円
年長:2,431円
※12か月一括払いの場合
教材の内容 【共通の教材】
・親子で取り組む体験型教材
・親子で取り組むワーク教材
【年少】
ミニサイズの絵本型教材
【年中・年長】
・絵をかいて提出する課題
・動画や音声を使ったデジタルワ
ーク
・英語の音に楽しくふれるデジタ
ル教材
メリット ・総合的に学べる
・思考力が鍛えられる
・あと伸びが期待できる
デメリット ・ワークがむずかしい
・キャラクターやおもちゃがなく
シンプルなので子どものやる気を
引き出しにくい
その他 ・努力賞制度
・ミニ図鑑やミニ地球儀など好奇
心を刺激するアイテムあり

タブレット教材が気になる方へ

タブレット教材が気になる方は「すまいるぜみ」「RISUきっず」も選択肢に入れてください。

タブレット教材おすすめ1位:すまいるぜみ

すまいるぜみは、タブレット型で総合的に10分野が学べる教材です。

年中・年長の2つのコースがあります。

年中以上で、教材を検討されている場合は、「すまいるぜみ」はとてもおすすめです。

  • タブレットなので1人でも学べる
  • 2022年度から登場する「コアトレ」では、国語、算数は中学レベルまで先取り可能
  • 教材はタブレットで完結し、余計な付録などはなし

このようなメリットがあります。詳しくは公式サイトをご覧ください。

スマイルゼミ【幼児コース】

すまいるぜみ 幼児コース
対象年齢 年中・年長
月額料金(税込)
※2022年度の情報

2,980円(12か月一括払い)
※専用タブレット代が別途10,978円必要

教材の内容 タブレット教材
メリット ・総合的に学べる
・手がかからない
・R4年度からは無学年式に
デメリット

・年中からしかはじめられない
・タブレットだけで学ぶ不安

その他 ・2022年度から国語、算数の先取
り学習開始
・英語は教材に含まれている
・タブレットは買い取り

タブレット教材おすすめ2位:RISUきっず

RISUきっずは、算数特化型のタブレット教材です。

算数だけだともの足りないと感じるかもしれませんが、お子さんの特性が算数にマッチしていれば1点突破で集中して学ぶのも1つの正解だと思います。

学習データのAI分析や東大生チューターの個別フォローなど、サポートが充実していますよ♪

最初にレベルを確認するためのテストがあり、そのレベルに合ったステージからスタートします。

決まったステージをクリアすると、自動でRISU算数に移行します。

先取り学習ができるので、ほとんどの受講者が飛び級で先の学年の問題に取り組んでいます。

算数が苦手という小学生は多く、これからの時代には算数・数学の力はさらに重要になってきていると言われています。

また、R4.3.1からは、追加費用なしで英語講座を受講することもできるようになりました。

RISUきっずは、資料請求、お試しには対応していませんが、下記の限定クーポン利用で1週間お試しできます。(入会しない場合は利用料が1,980円かかりますが、入会すれば受講費に換算されます)

当サイト限定コード「rss07a」入力で
1週間のお試しができます!

\ 今すぐ無料教材に申し込む /
RISUきっず公式サイト

RISUきっず
対象年齢 年中・年長
月額料金(税込)
※2022年度の情報
※一括払いのみ

1か月当たり2,750円
33,000円/年を一括払い

教材の内容 タブレット教材
メリット ・無学年式で算数を集中的に伸ば
せる
・東大生らのフォローなどサポー
トが充実
デメリット

・算数以外の学習はできない
・1教科だけと考えると割高に感
じる

その他 タブレットは貸出

小学校受験を視野に入れている方へ

小学校受験を検討されている場合は、モコモコゼミ一択です。

幼児向け通信教材最高難度の教材:モコモコゼミ

モコモコゼミは、小学校受験で実績のある「こぐま会」監修、中学受験の名門進学塾「SAPIX(サピックス)」の通信教育とも提携している、受験に強い教材です。

年齢別の5つのコースと算数強化コースがあります。

幼児向け通信教材の中でも最高難度の教材で、受験を視野に入れている場合はほかの教材では対応できないので「モコモコゼミ」一択です。

モコモコゼミは、資料請求には対応していませんが、初月は期限内に申請すれば無料で利用できるのでまずは入会して、試して合わなければ退会可能です。

\ 初月無料で利用可能! /
幼児通信教育モコモコゼミ

モコモコゼミ
対象年齢 1~2歳・年少・年中・年長
月額料金(税込)
※2022年度の情報
※毎月払いのみ

算数強化 1,628円
1~2歳 1,408円
プレ~年長 2,662円
オンラインオプション+1,078円

教材の内容 オンライン動画と紙媒体の冊子教材を
連動させたハイブリッド型の通信教育
メリット ・受験対策ができる
・良問が多い
デメリット

・教材がむずかしい
・教材は勉強に関するものだけ

その他 英語教材あり(別途料金必要)

実はサブ教材としてわが家でも活躍!がんばる舎とワンダーボックス

ワークが不足したらがんばる舎

がんばる舎の教材は、白黒のシンプルなプリントで、とっつきにくい印象なのでメイン教材として利用しようと思うと、子どもの食いつきが心配だと思います。

ただ、問題の量は充実しているので、サブ教材としては利用しやすいです。

また、R4年度からの価格改定に合わせて思考力を鍛える問題が増えるのもうれしいですね。

私は、長男がこどもちゃれんじほっぷを利用していたときにワークの量が足りないと感じ、がんばる舎のプリントを追加していました。

\ 今すぐ無料教材に申し込む /
がんばる舎

がんばる舎
対象年齢 年少・年中・年長
月額料金(税込)

950円(12か月一括払い)

教材の内容 プリント
メリット ・ワークの量が多い
・シンプルで低価格
デメリット

・白黒のプリントのみで楽しみが
ない
・紙面が見にくい

その他 ・価格改定に合わせて思考力や想
像力を問う問題が追加

思考力・IQをのばすワンダーボックス

ワンダーボックスは、通信教材では数少ないSTEAM教育の教材です。

STEAMとは、次の5つの領域を重視し、子どもを今後のIT社会に順応した競争力のある人材に育てていくための教育方針です。

  • Science(科学)
  • Technology(技術)
  • Engineering(工学)
  • Art(芸術)
  • Mathematics(数学)

ほかの通信教材と一線を画すのが、学校の教科に準じた内容ではないということです。

実際に教材を利用してみると、思考力をはじめ、発想力や空間認識力など地頭の良さを引き出すことが重視されているとわかります。

詳しく知りたい方は、実際に受講しているわが家の口コミやメリット・デメリットについてまとめたこちらの記事をご覧ください。

何といっても子ども自身が楽しいと思える教材なのが、ワンダーボックスの最大の魅力です♪

わが家では、学習習慣を身につけたり、学習の基礎を作るのをこどもちゃれんじ、思考力やIQをのばして地頭を鍛えるのをワンダーボックスという分担で利用しています。

ワンダーボックスは、資料請求には対応していませんが、公式サイトから体験版アプリを無料でお試しできます♪

※申し込みをされる場合
紹介コード【j8Zn363b36P5】を使うと
初年度の月料金が毎月5%OFFになります!


ワンダーボックス
対象年齢 4~10歳
月額料金(税込)
※2022年度の情報

3,700円 
※12か月一括払いの場合

教材の内容

アナログとデジタルのハイブリッ
ト教材
【アナログ教材】
ワーク、ペーパーコンテンツ、
トイ教材
【デジタル教材】
思考力育成アプリ
「シンクシンクプラス」

メリット ・プログラミング思考など最新の
STEAM教育が学べる
・好奇心を刺激し学びが楽しいと
思える
デメリット

・学校の教科学習とは異なる学び
・幼児教材としては料金は高め

その他 ・英語教材なし
・アプリの問題が豊富で不足する
ことはまずない
・専用タブレットはないのでパソ
コンやタブレットが必要

まとめ:ベスト3をおさらい&今回紹介した8社の無料お試しについて

大手8社の中で、最初に選んで後悔しない教材は、こどもちゃれんじ、幼児ポピー、Z会幼児コースです。

お子さんの個性によって合う合わないもあるので、色々な教材を試してみることも大事です。

こちらの記事で、今回紹介した8社の無料のお試しや資料請求についてまとめているので、ぜひ参考にされてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

タップで応援

にほんブログ村 教育ブログ 知育教育へ

コメント

コメントする

目次
閉じる