【2022年度】無料お試しや資料請求できる幼児向け通信教育教材8社を解説

幼児向けの通信教材、たくさんあるけどどれがうちの子に合うかな?

今回は、こんな疑問にお答えするため、無料で試せる幼児向け通信教材についてまとめました。

  • 通信教材はどうやって選べばいいのかな
  • 通信教育を始める前に試してみたい
  • 無料で試せる通信教材を知りたい

こんな悩みを持っている方は多いと思います。(私もそうでした)

主な幼児教材は定番のものから2021年からスタートしたものまでざっと8種類あります。

最近は、どんどん魅力的な教材が出てきていますが、この記事を読めばきっと悩みが解決すると思います。

すみ

ぜひ、この記事を読んで教材を試したり資料請求をする際の参考にしてくださいね♪

目次

無料で試せる!人気の幼児向け通信教育を一覧にまとめました!

無料でお試しできる幼児向け教材を表にまとめました。

無料お試し
できる教材
対象年齢料金
(月額又は月額換算、税込)
紙orタブレット
(メイン教材)
こどもちゃれんじ0歳~6歳0~1歳:2,074円(毎月払いのみ)
1~3歳:2,280円
年少~年長:2,480円
(年長のタブレットコース)
2,980円
幼児ポピー2~3歳・年少
年中・年長
2歳~年少:980円
年中・年長:1,100円
Z会 幼児コース 年少・年中・年長年少:1,870円
年中:2,244円
年長:2,431円
※12か月一括払いの場合
スマイルゼミ
【幼児コース】
年中・年長2,980円(12か月一括払い)
※専用タブレット代
別途10,978円必要
タブレット
がんばる舎年少・年中・年長950円(12か月一括払い)
モコモコゼミ 1~2歳・年少
年中・年長
算数強化 1,628円
1~2歳 1,408円
プレ~年長 2,662円
オンラインオプション
+1,078円
RISUきっず年中~年長1か月当たり2,750円
33,000円/年を一括払い
タブレット
ワンダーボックス 4歳~10歳3,700円
※12か月一括払いの場合
タブレット、ペーパー
コンテンツ、トイ教材

※RISUきっずは無料お試しには対応していませんが、当サイトでご案内する限定クーポン利用で無料でお試しすることができます。

子どもに合った教材を選ぶ方法を解説します!

教材を選ぶとき、何を基準に選んだらいいんだろう?

そんな疑問をお持ちの方のために、まず最初に、お子さんに合った教材を選ぶときの考え方についてお伝えします!

何を目的にするか

教材を選ぶときは、まず何を目的にするかが大事です。

モンテッソーリ教育では、年齢に応じた知育がその子の一生に影響するほど重要で、しかも早ければ早いほど効果的だとされています。

私は、モンテッソーリ教育の考え方をもとに知育に取り組みたいと思っていたので、教材を選ぶ目的は「年齢に応じた知育を早く始めること」でした。

私は次の理由から、こどもちゃれんじを2歳から受講することにし、それから4年半継続しました。

  • 年齢に応じたエデュトイ(知育玩具)で遊びながら、子どもの発達を後押しできる
  • 学力だけでなく生活習慣も身につく

また、ワークが足りないと感じたので、がんばる舎をプラスで受講したり、無料のプリントを活用したりしていました。

これは、私の例なので、はじめる年齢やそれぞれのご家庭の考え方や事情で選ぶ教材は変わると思います。

選び方の例
・低価格でも充実した教材を選びたい ⇒ 幼児ポピー
・子供に合わせて教材をカスタマイズしたい ⇒ こどもちゃれんじ
・忙しいので子ども一人でも取り組める教材がいい ⇒ タブレット教材(スマイルゼミ、RISU算数)

どれぐらいの費用を負担できるか

小学生、中学生と年齢が上がっていくにつれ、教育費の負担は大きくなるので、小さい頃からあまり無理な出費はしたくないですよね。

幼児向け教材は、月額1,000~4,000円程度と幅があるので、コスパの面で見て許容できる範囲かどうか検討してみてください。

私は、こどもちゃれんじと無料のプリントを併用してコストを抑えたりしていました。

紙かタブレットか

紙の教材、タブレット教材でそれぞれの良さがあります。

タブレットの特長は、次のとおりです。

  • 一人で学べる
  • タブレット端末が必要
    ※教材によっては専用のタブレット付属
  • 目の健康が気になる
  • 受講料は高め

タブレットの大きなメリットは一人でも進められる点です。

お子さんが学習している間に家事を進めることもできるので、忙しい方にはおすすめです。

また、タブレット教材はゲーム性があるので、子どもが途中でやらなくなるリスクが低いと思います。

タブレット教材が気になる方は、まず下の教材を検討されてみてください。

  • スマイルゼミ
  • RISUきっず
  • ワンダーボックス

また、2022年度から、こどもちゃれんじ年長コースにタブレットコース(じゃんぷタッチ)が新設されます。

年長のお子さんであれば、じゃんぷタッチも選択肢としておすすめです。

お子さんと一緒に教材に取り組める余裕のある方や目の健康面が心配な方は、コスパ良しの紙の教材を選ぶといいと思います!

資料請求で試せる無料の教材や受講した場合の料金・内容について解説します

それでは、幼児向け通信教材について、9社の無料でもらえる教材、受講した場合のプランなどについて解説していきます!

こどもちゃれんじ

こどもちゃれんじおもちゃ

こどもちゃれんじは、幼児向け教材の王様と言われるほど定番の教材です。

年齢ごとにコースが分かれていて、0歳から受講できる教材は、こどもちゃれんじのみです。

また、大手ならではのきめ細やかさで、英語の教材やプログラミングなど、お子さんの興味に合わせてカスタマイズできるのも特徴です。

個人的には、色々な教材の中で、どれを選んでいいかわからないという方は、こどもちゃれんじを選んでおけば大丈夫だと思います。

わが家の子ども達が実際に6年以上利用した口コミ記事です。あわせて読んでいただくと詳しい内容がわかります。

こどもちゃれんじ
対象年齢0~6歳
月額料金(税込)
※2022年度の情報
※一括払いの場合
0~1歳:2,074円(毎月払いのみ)
1~3歳:2,280円
年少~年長:2,480円
(年長のタブレットコース)2,980円
教材の内容ワーク、知育おもちゃ、絵本、映像コンテンツ(DVD or デジタル
コンテンツ)
メリット・0歳から月齢に合った知育を始められる
・生活習慣、学習習慣が無理なく身につく
デメリット・部屋が散らかる
・ワークがもの足りない
その他・デジタルコンテンツが充実(しまじろうクラブTV」「しまじろうクラブアプリ」)
・英語教材あり(一部教材に含ま
れるものと別途料金が必要なコー
スあり)
・プログラミング、サイエンス、
リズムなどのコースを追加可能
(別途料金必要)
・2022年度から年長コースでタブ
レットコースが新設
※2022年度の情報です。最新情報は公式サイトをご確認ください。
 
資料請求でもらえる内容

 ・0~1歳のコース(こどもちゃれんじbaby)
  月齢に合わせた資料とファミリアの離乳食セット
  ※2022年度生まれのお子さんは離乳食セットかうたあそびセットが選べます
 ・1歳~年少(4歳)のコース(ぷち、ぽけっと、ほっぷ)
  絵本とDVDの体験セット
 ・年中(4~5歳)のコース(すてっぷ)
  実物ワーク丸ごと1冊
 ・年長(5~6歳)のコース(じゃんぷ)
  実物ワーク丸ごと1冊
その他無料で試せる内容

 公式サイトで「しまじろうクラブTV」「しまじろうクラブアプリ」が試せます。

これらは通常もらえる内容で、キャンペーン期間にはさらに豪華なプレゼント(エデュトイやポスターなど)がもらえることもあります。

資料請求でもらえる内容は、かなり頻繁に変わるので必ず公式サイトの情報をご確認の上、申し込まれてください。

\ 今すぐ無料体験セットに申し込む /
こどもちゃれんじ
公式サイト

幼児ポピー

画像は公式サイトより引用

幼児ポピーは、テレビCMなどの広告なしで口コミだけで40年続く定番の教材です。

2~3歳児コース(ももちゃん)~年長(5~6歳児)コースまで4つのコースがあります。

ポピーの特長は何といってもコスパの良さです!

他の教材と比較しても圧倒的に料金が安いのですが、ただ安いだけでなく教材もしっかりしています。

学校教材のドリルなどを作成している、株式会社新学社がポピーの教材を監修・編集しているので、学校の勉強につながる学習ができます。

また、教材はシンプルで余計な付録などが付いてきません。

幼児ポピー
対象年齢 2~3歳・年少・年中・年長
月額料金(税込)
※2022年度の情報
2歳~年少:980円
年中・年長:1,100円
教材の内容 テキスト、特別教材、デジタルコ
ンテンツ
英語教材(年中・年長のみ)
メリット ・総合的に学べて財布に優しい
・小学校の入学準備がムダなく
できる
デメリット ・ワークが簡単
・ワークの量がもの足りない
その他 ・デジタルコンテンツで頭を鍛え
るゲーム、運動あそび、実験の動
画などが視聴可能
・英語教材あり(一部教材に含ま
れるものと別途料金が必要なコー
スあり)
※2022年度の情報です。最新情報は公式サイトをご確認ください。
 
資料請求でもらえる内容

 教材の一部を抜粋した見本

その他無料で試せる内容
 ちえあそびアプリ、運動あそび動画、読み聞かせ音声、プログラミングアプリ
 ※年中・年長のコースのみ


\ 今すぐ無料教材に申し込む /

幼児ポピー

Z会 幼児コース

画像は公式サイトより引用

Z会 幼児コースは、年少~年長までの3つのコースがあります。

Z会の特長は、基礎固めと体験型学習を重視しているので、学ぶことが好きになりあと伸びが期待できることです!

他の教材と比較して、親子で学んでいくことを前提としているので一緒に取り組めば、きちんと学力が身につきます。

また、シンプルな教材というイメージがあったのですが、親子で取り組む体験型教材や絵本型教材もあり、好奇心を刺激し、思考力をのばす効果が期待できます。

Z会 幼児コース
対象年齢 年少・年中・年長
月額料金(税込)
※2022年度の情報
年少:1,870円
年中:2,244円
年長:2,431円
※12か月一括払いの場合
教材の内容 【共通の教材】
・親子で取り組む体験型教材
・親子で取り組むワーク教材
【年少】
ミニサイズの絵本型教材
【年中・年長】
・絵をかいて提出する課題
・動画や音声を使ったデジタルワ
ーク
・英語の音に楽しくふれるデジタ
ル教材
メリット ・総合的に学べる
・思考力が鍛えられる
・あと伸びが期待できる
デメリット ・親の手がかかる
・キャラクターやおもちゃがなく
シンプルなので子どものやる気を
引き出しにくい
その他 ・努力賞制度
・ミニ図鑑やミニ地球儀など好奇
心を刺激するアイテムあり
※2022年度の情報です。最新情報は公式サイトをご確認ください。
資料請求でもらえる内容

  1ヶ月にお届けする冊子の1/3~1/4の分量のダイジェスト版

その他無料で試せる内容

 なし
\ 今すぐ無料教材に申し込む /
Z会の通信教育<幼児向け>

スマイルゼミ 幼児コース

画像は公式サイトより引用

スマイルゼミは、タブレット型で総合的に学べる教材です。

年中・年長の2つのコースがあります。

スマイルゼミの特長は何といっても1人でも学べることです!

また、年中からはじめられて、総合的に学べるタブレット教材はスマイルゼミだけです。

2022年度から登場する「コアトレ」では、国語、算数は中学レベルまで先取り可能となります。

また、教材はタブレットで完結し、余計な付録などは付いてきません。

スマイルゼミ 幼児コース
対象年齢 年中・年長
月額料金(税込)
※2022年度の情報

2,980円(12か月一括払い)
※専用タブレット代が別途10,978円必要

教材の内容 タブレット教材
メリット ・総合的に学べる
・手がかからない
デメリット

・年中からしかはじめられない
・タブレットだけで学ぶ不安

その他 ・2022年度から国語、算数の先取
り学習開始
・英語は教材に含まれている
・タブレットは買い取り
※2022年度の情報です。最新情報は公式サイトをご確認ください。
 
資料請求でもらえる内容

 入会の案内冊子、タブレット(2週間貸出)

その他無料で試せる内容

 すべての教材(2週間)
\ 今すぐ無料教材に申し込む /
スマイルゼミ【幼児コース】

がんばる舎

画像は公式サイトより引用

がんばる舎は、白黒のプリントで学ぶ、幼児通信教材の中で最もシンプルな教材です。

すてっぷ1~6までレベル別に6つのコースがあります。

がんばる舎の特長は教材がシンプルで価格が安いことです!

最初に公式サイトでレベルを診断し、レベルに合ったコースを選びます。

メインの教材としては、シンプル過ぎて子どもの食いつきが心配ですが、他の教材でワークが足りないということはよくあるので、サブの教材で利用するのがおすすめです。

わが家もこどもちゃれんじと併用して利用していました。

また、教材には余計な付録などは付いてきません。

がんばる舎は、資料請求には対応していませんが、初月無料で利用できるのでまずは入会して、試して合わなければ退会できます。

がんばる舎
対象年齢 年少・年中・年長
月額料金(税込)
※2022年度の情報

950円(12か月一括払い)

教材の内容 プリント
メリット ・ワークの量が多い
・シンプルで低価格
デメリット

・白黒のプリントのみで楽しみが
ない
・紙面が見にくい

その他 ・価格改定に合わせて思考力や想
像力を問う問題が追加
※2022年度の情報です。最新情報は公式サイトをご確認ください。 
資料請求でもらえる内容

 資料請求の対応なし

その他無料で試せる内容

 初月無料で教材を試せる
2022年10月21日(金)12:00までに申し込むと、1か月無料で試せます。
\ 今すぐ無料教材に申し込む /
がんばる舎

モコモコゼミ

画像は公式サイトより引用

モコモコゼミは、小学校受験で実績のある「こぐま会」監修、中学受験の名門進学塾「SAPIX(サピックス)」の通信教育とも提携している教材です。

年齢別の5つのコースと算数強化コースがあります。

モコモコゼミの特長は何といっても受験に強いことです!

ハイレベルでありながらとてもかわいいキャラクターと一緒に楽しく学べます。

子どもの思考力、表現力を育むと同時に、自ら学ぶ姿勢が育ちます。

また、オンライン動画と紙媒体の冊子教材を連動させたハイブリッド型の通信教育形態です。
※オンライン教オプションは別途料金必要

モコモコゼミは、資料請求には対応していませんが、初月は期限内に申請すれば無料で利用できます。

まずは入会して、試して合わなければ退会すれば費用はかかりません。

モコモコゼミ
対象年齢 1~2歳・年少・年中・年長
月額料金(税込)
※2022年度の情報
※毎月払いのみ

算数強化 1,628円
1~2歳 1,408円
プレ~年長 2,662円
オンラインオプション+1,078円

教材の内容 オンライン動画と紙媒体の冊子教材を連動させたハイブリッド型の通信教育形態
メリット ・受験対策ができる
・良問が多い
デメリット

・教材がむずかしい
・教材は勉強に関するものだけ

その他 英語教材あり(別途料金必要)
※2022年度の情報です。最新情報は公式サイトをご確認ください。 
資料請求でもらえる内容

 資料請求の対応なし

その他無料で試せる内容

 初月無料で教材を試せる
\ 今すぐ無料教材に申し込む /
モコモコゼミ

RISUきっず

画像は公式サイトより引用

RISUきっずは、算数特化型のタブレット教材です。

RISUきっずの特長は、取り扱う内容が算数のみの無学年型の教材であることです!

算数だけだともの足りないと感じるかもしれませんが、お子さんの特性が算数にマッチしていれば小学校の内容まで先取りして学習することができます。

学習データのAI分析や東大生チューターの個別フォローなど、サポートが充実していますよ♪

最初にレベルを確認するためのテストがあり、そのレベルに合ったステージからスタートします。

決まったステージをクリアすると、自動でRISU算数に移行します。

先取り学習ができるので、ほとんどの受講者が飛び級で先の学年の問題に取り組んでいます。

算数が苦手という小学生は多く、これからの時代には算数・数学の力はさらに重要になってきていると言われています。

RISUきっずは、資料請求、お試しには対応していませんが、下記の限定クーポン利用で1週間お試しできます。(入会しない場合は利用料が1,980円かかりますが、入会すれば受講費に換算されます)

RISUきっず
対象年齢 年中・年長
月額料金(税込)
※2022年度の情報
※一括払いのみ

1か月当たり2,750円
33,000円/年を一括払い

教材の内容 タブレット教材
メリット ・無学年式で算数を集中的に伸ば
せる
・東大生らのフォローなどサポー
トが充実
デメリット

・算数以外の学習はできない
・1教科だけと考えると割高に感
じる

その他 ・英語教材なし
・タブレットは貸出
※2022年度の情報です。最新情報は公式サイトをご確認ください。
 
資料請求でもらえる内容

 資料請求の対応なし

その他無料で試せる内容

 限定クーポン利用で1週間教材を試せる

当サイト限定コード「rss07a」入力で
1週間のお試しができます!

\ 今すぐ無料教材に申し込む /
RISUきっず公式サイト

ワンダーボックス

画像は公式サイトより引用

ワンダーボックスは、通信教材では数少ないSTEAM教育の教材です。

STEAMとは、次の5つの領域を重視し、子どもを今後のIT社会に順応した競争力のある人材に育てていくための教育方針です。

  • Science(科学)
  • Technology(技術)
  • Engineering(工学)
  • Art(芸術)
  • Mathematics(数学)

ほかの通信教材と一線を画すのが、学校の教科に準じた内容ではないということです。

実際に教材を利用してみると、思考力をはじめ、発想力や空間認識力など地頭の良さを引き出すことが重視されているとわかります。

ワンダーボックスは、資料請求には対応していませんが、公式サイトから体験版アプリを無料でお試しできます♪

ワンダーボックス
対象年齢 4~10歳
月額料金(税込)
※2022年度の情報

3,700円 ※12か月一括払いの場合

教材の内容

アナログとデジタルのハイブリッ
ト教材
【アナログ教材】
ワーク、ペーパーコンテンツ、ト
イ教材
【デジタル教材】
思考力育成アプリ「シンクシンクプラス」

メリット ・プログラミング思考など最新の
STEAM教育が学べる
・好奇心を刺激し学びが楽しいと
思える
デメリット

・学校の教科学習とは異なる学び
・幼児教材としては料金は高め

その他 ・英語教材なし
・アプリの問題が豊富で不足する
ことはまずない
・専用タブレットはないのでパソ
コンやタブレットが必要
※2022年度の情報です。最新情報は公式サイトをご確認ください。
資料請求でもらえる内容

 資料請求の対応なし

その他無料で試せる内容

 公式サイトから体験版アプリが試せる
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

タップで応援

にほんブログ村 教育ブログ 知育教育へ

コメント

コメントする

目次
閉じる