徹底レビュー!Oaxis myFirst Fone R1(マイファーストフォンアールワン) みんなの口コミ・評判は?

myFirst Fone R1 を徹底レビュー!みんなの口コミは?のアイキャッチ画像

この記事では、「myFirst Fone R1(マイファーストフォンアールワン)」について、実際に利用している私が徹底レビューし、ネット上の口コミ・評判について紹介します。

メリット・デメリットについても解説しているので、購入を検討中の方はチェックしてみてくださいね♪

この記事を読んでわかること
  • myFirst Fone R1の口コミ・評判
  • myFirst Fone R1の14個の機能
  • ほかのスマートウォッチと比較してのメリット・デメリット
  • ほかの見守り用機器と比較してのメリット・デメリット

子どもの見守り用のスマートウォッチに必要な機能は、通話とGPS、そしてSOS機能です。

これらを備えた見守り用のスマートウォッチの中で最もおすすめなのが「myFirst Fone R1」です。

これ1つで小学校6年間は登下校、習い事の往復時に安心できます。

1/19追記
Oaxis公式サイトで、2/1から、価格変更により22,800円(税込)での販売となることがアナウンスされました。
今の価格が18,800円なので、なんと4,000円アップ!
購入を検討されている方はお急ぎください。

キッズスマートウォッチ、myFirst Fone R1
  • 今なら10%offで購入できる
  • 通常1年の保証期間が2年間延長できる
  • 商品到着後1週間、理由問わず返品可能
  • 保護フィルム、イヤホンとセット購入で割引
今の価格で買えるのは1/31まで!

2022年に最新機種「myFirst Fone R1s」が発売され、私も下の娘用に購入しました。

R1sが気になる方は下のリンクをタップしてください。記事内でジャンプします。

myFirst Fone R1sをチェックする

目次

myFirst Fone R1を徹底レビュー

下の画像は実際に子どもが身に付けたところです。

デザイン性が高いので気に入って付けていてくれています♪

それでは、「my First Fone R1」の機能についてレビューしていきます!

「myFirst Fone R1」の商品情報

項目
Oaxis Japan公式サイト
商品名myFirst Fone R1
料金
18,800円(税込)
カラーNinja(ブラック)
ラベンダー
インコ(ブルー)
ランニングコスト
(データSIM最安値)
198円~
(税込)
通話&チャット機能
(SIMカード必要)
通話
ビデオ通話
個別にチャットできる
対応SIMカード格安simのHIS
格安simのIIJeimio
※口コミでHISを推す声多数
※わが家もHIS利用中
GPS機能多少の誤差あり
※口コミ情報
SOS機能ボタンを押すと緊急信号と周囲の音(30秒)を保護者に送信
防水機能30分、1mの水深に
水没しても浸水
しないレベル
バッテリー連続待受け48時間
連続通話6時間

「myFirst Fone R1」の付属品

付属品は次のとおりです。

  • 専用ポーチ
  • ストラップ
  • 専用ケーブル(充電・PC接続用)
  • 取扱説明書

GPSで居場所と行動履歴を確認できる

「my First Fone R1」にはGPS機能が搭載されていて、子どもの位置と行動履歴が確認できます。

私は次のようなタイミングでGPSを確認しています。

  • 習い事が終わる時間に予定通り帰ってきているか
  • 友達と遊びに行った場合にいつもの行動範囲から外れていないか
  • 学校から帰る時間に予定通り帰ってきているか

GPSのスマートフォンアプリ側の画面は次のとおりです。

ネット上の口コミを見るとGPSの位置が実際の位置とずれがある(場所によっては200~300m)という声を多く見かけます。

下の画像は、家族で公園に遊びに行ったときに撮影したスクリーンショットと実際に撮影した場所の写真です。

川のそばに行って撮影したら、GPSでもしっかり位置が把握できていました。

ただし、リアルタイムで位置情報を把握するにはアプリ側の画面更新が必要で、結構時間がかかります。(30秒程度)

すみ

普段使用しているときも、ほぼ正確な位置情報を確認できています。(誤差数十メートル以内)

私は、気になったときにその都度確認することが多いですが、アプリのトラッキングモードを設定すれば決まった時間や頻度で位置情報の確認ができます。

トラッキングモードをオンにしておくと、決まった時間に位置情報が保護者のアプリに送信されてきます。

ただし、トラッキングモードの頻度を上げるとバッテリーの消費が大きくなります。

利用する場合は、下校時間など気になるタイミングに絞って設定しておくのがおすすめです。

【トラッキングモードの設定項目】

  • トラッキングモードのON/OFF
  • 頻度…1分・5分・10分・30分・1時間
  • 時間帯
  • 繰り返し…位置情報を測定する曜日

セーフゾーン機能で設定エリアの出入りが確認できる

「myFirst Fone R1」ではセーフゾーン機能で指定エリアを設定しておくと、エリアを越えた場合、アプリへ通知が届きます。

エリアは半径200~2,000メートルで、複数の範囲を設定できます。

子どもが家や学校、塾などの周辺をエリアに指定しておけば、いつもと違う行動をとったときに気づくことができます。

わが家では、習い事のために購入したのでピアノの教室と英語教室を拠点にエリア指定しています。

すみ

現在のところ、まっすぐ帰ってくるので通知が来たことはありませんが高学年になって行動範囲が広がればこの機能の出番だと思います!

SOS機能で保護者のスマートフォンに現在位置と周囲の音声が届く

SOSボタンを押すと、緊急信号を送信すると同時に30秒間周囲の音が録音されます。

保護者は緊急信号を受信し、管理者アプリを起動すると、緊急の位置通知と周囲の音の30秒間の録音を受信します。

実際にSOSボタンを押すとどうなるのかを動画で撮影しました。保護者のスマートフォンに届くポップアップとアラーム音にご注目!

次に、上の動画で録音した子供の周囲の音がどのようにスマートフォン側でちゃんと再生できるかも撮影しました。テレビの音がしっかり拾えていることがわかります。

すみ

周囲の音を録音する機能は、他のスマートウォッチにはない機能です。万が一のときに遠くにいても状況を把握できるので安心です。

ビデオ通話・音声通話・ボイスメッセージ機能で連絡がとれる

データSIMを利用すれば、ビデオ通話とボイスメッセージが利用できます。

ダイヤル発信の通話は音声SIMが必要なのでご注意ください。

ちなみにわが家では、ビデオ通話で十分と考えてデータSIMを利用することにしました。

実際に使い始めてからは、ビデオ通話はあまり使わず、ボイスメッセージか絵文字の送信でやりとりすることが多いです。

いつもはピアノと英語が終わったときに「今から帰る」ってしゃべってお母さんに送ります。

下の画像は子供のスマートウォッチからビデオ通話の着信が来た際のスマートフォン側の待受け画面です。

次に、子供の音声がどう聞こえるかを撮影したので参考にされてください。

クリックすると私が撮影したYouTube動画が確認できます。

myFirst Fone R1 でのビデオ通話音声

次に、イメージが湧くように、実際の画面でボイスメッセージや絵文字のやりとり方法について紹介します。

ビデオメッセージや絵文字の送信方法を画像で解説

STEP
my First Fone R1の最初の画面をスライドし「友だち」をタップ
STEP
「友だち」から送信先を選ぶ
STEP
次の画面下の矢印をタップし、えもじ、写真、ろくおんを選ぶ

今回は「えもじ」を選びます。

STEP
送信したい絵文字を選んでタップ

今回は絵文字を選んで送信してみます。画面の「えもじ」をタップ!

STEP
スマートフォン側での表示を確認

画面の一番下に笑顔のアイコンが届いているのがわかると思います。

200万画素のカメラ機能

本格的なデジタルカメラと比べると、200万画素では鮮明な画像は撮影できません。

また、実際に撮影すると、インカメラでの撮影なので、狙ったところをうまく撮影することがむずかしいですが、低学年の子が遊びで使うのであれば十分だと思います。

個人的に、カメラは知育にとても役立つアイテムと思うので、キッズカメラを誕生日などの機会にプレゼントするのもおすすめです。

myFirst Fone R1を販売しているOaxis公式サイトでも購入できますよ。

気になる方はOaxis Japan公式サイトをチェックしてみてください。

今なら一番安いもので3,980円から購入できます♪

最大2.44GB!MP3音声プレーヤー機能で音楽やオーディオブックが楽しめる

付属の充電・通信用ケーブルをパソコンなどの端末と接続し音楽を追加することができます。

ただし、追加できる音楽データはMP3のみです。

わが家では、息子がお気に入りの曲を数曲入れて楽しんでいます。

すみ

高学年になってくれば出番が多くなる機能かなと思います。

お友達追加機能で友達関係を把握

myFirst Fone R1のユーザー同士なら、友達追加機能を利用して登録すれば絵文字、写真、ボイスメッセージのやりとりができるようになります。

追加されたお友達は、アプリの一覧画面で確認することで、子どもの交友関係を把握できるので安心です。

家族追加機能で保護者以外もしっかり見守り

アプリを入れて家族追加を行えば、「位置情報」「音声通話」「メッセージ」「ビデオ通話」のやり取りができるようになります。

アプリをインストールしなくても、家族追加はできますが、使える機能は「音声通話」のみとなります。

電源オフ禁止機能

子供の誤操作防止、防犯上の観点から、デバイス側で電源オフができない設定ができます。

誤操作でまったく利用できなくなると、持たせている意味がなくなってしまうので、この設定は必要だと思います。

すみ

私も最初に設定しました。特に低学年のお子さんの場合はあると助かる機能です。

リモートコントロールで再起動できる

再起動が必要な時にアプリを使ってリモートで再起動できます。

通話機能の調子が悪いときに試してみたら、再起動できて無事に通話もできました。

多言語対応・にほんご(ひらがな)機能追加

日本語はもちろん、英語、中国語にも対応しています。

また、「myFirst Fone R1」から、小さい子どもにも分かりやすいように、「にほんご(ひらがな)」が追加されています。

小さな子どもでも、簡単に色々な機能を覚えられます。

なお、大人が操作する部分は漢字を含んだ日本語で表示されます。

連続待受48時間のバッテリー

バッテリーの消耗は待受だけなら48時間もつかもしれませんが、利用の仕方によっても変わります。

わが家では、習い事のときに使っているので家を出てから帰るまでの2~3時間で利用することが多いです。

また、家族で旅行やレジャーに出かけたときにも身につけさせています。

GPSを頻繁に起動するとバッテリーが消費しますが、体感として、前日に充電しておけば翌日は丸1日問題なく利用できています。

このような使い方を想定されている場合はまったく問題なく利用できますが、使い方によっても変わる部分なので、口コミを探してまとめました。

バッテリー、充電に関する口コミ

・トラキングモードをオフにするとバッテリーのもちが良い

更新間隔を短くすると、充電切れがはやいことがネック

・全く扱っていない日も1日に一度フル充電する必要があ

また、自動で子供の位置情報を確認する機能(トラッキングモード)で頻繁に位置情報を確認する設定にするとバッテリーの消耗が激しくなります。

私の体感と口コミから、バッテリーと充電についての結論は次のとおりです。

  • 丸1日使用したら充電が必要
  • トラッキングモードで位置情報を自動で確認する頻度は1時間に1回がおすすめ
  • Wi-fiは常にオフにしておくか、家ではオンにして外出時は必ずオフにしないと消耗が激しい
すみ

充電をまったく気にせずに数日間連続で利用できるようなものではないですが、使う前に充電しておけば登下校や習い事の往復などで使う上ではまったく問題ありません。

水没しても問題ない防水レベルIPX7

「myFirst Fone R1」の防水レベルIPX7は一定時間、水没しても問題ないレベルです。

実際、ゲリラ豪雨でずぶ濡れになって帰ってきた際に、腕時計も濡れてしまいましたが、その後も問題なく利用できています。

海やプールに付けて入るようなことは避けた方が良いと思いますが、雨の心配がないのは安心ですね。

落としても安心の耐衝撃機能

「myFirst Fone R1」からスクリーン周りにラバー製の縁が追加されました。

例え地面などに落ちても、直接スクリーンに地面が当たらないように、丸型のスクリーンとなっています。

my FirstFone R1の口コミ

口コミ・評判の画像

ここでは「my FirstFone R1」の利用者のリアルな口コミを集めました。

良い口コミからイマイチな口コミまで幅広く紹介しているので、参考にしてください。

悪い評判の口コミ

GPSの精度が悪い

ほかの機能については、ほとんど悪い口コミは見当たりませんでしたが、GPSの精度が悪いという口コミはチラホラ見かけました。

一方で都内なら正確という声もあり、場所やSIMによっても変わるのかもしれません。

ちなみにわが家は地方の中堅都市在住ですが、問題なく利用できています。

バイブ機能が無いのが少し残念

バイブ機能がないのが残念という声がありました。

実は2022年の春から出た新モデルには、バイブレーション機能が搭載されました。

バイブ機能が必要な方は値段は上がりますが、そちらを検討すると良いと思います。

良い評判の口コミ

見守りに必要な機能が揃っていて満足した

子どもの見守りに必要な機能については、満足できるという口コミが多いようです。

購入目的は、あくまで子どもの安全のためなので機能面がしっかりしているのかが最も気になるところですね。

子どもが気に入って使っている

デザインが良い(かっこいい、かわいい)といった声が多く、子どもが気に入って使用しているという口コミが多くありました。

せっかく購入してもお子さんが使ってくれなかったり、付け忘れたりすると意味がなくなってしまうので本人が気に入るかは重要なポイントです。

不具合があってもすぐに交換してくれた

カメラや画面の不具合があったケースで、問い合わせ後すぐに交換してもらえたという口コミがいくつかありました。

万が一、不具合があっても購入後のフォローがしっかりしているのは安心ですね。

1/19追記
Oaxis公式サイトで、myFirst Fone R1は、2/1から価格変更により22,800円(税込)での販売となることがアナウンスされました。
今の価格が18,800円なので、なんと4,000円アップ!
購入を検討されている方はお急ぎください。

キッズスマートウォッチ、myFirst Fone R1
  • 今なら10%offで購入できる
  • 通常1年の保証期間が2年間延長できる
  • 商品到着後1週間、理由問わず返品可能
  • 保護フィルム、イヤホンとセット購入で割引
今の価格で買えるのは1/31まで!

「myFirst Fone R1」のメリット、デメリット

メリットデメリットの画像

ここでは、次の2点について解説していきます。

  • ほかのスマートウォッチと比較した場合の「myFirst Fone R1」のメリット、デメリット
  • ほかの見守り用機器と比較した場合の「myFirst Fone R1」のメリット、デメリット

下の表は、5つのスマートウォッチを比較した表です。

商品画像
Oaxis Japan公式サイト
Oaxis Japan公式サイト
Amazon

Amazon

Amazon
商品名myFirst Fone R1myFirst Fone R1sQISHUO キッズスマートウォッチ LT25QISHUO キッズスマートウォッチ LT21PTHTECHUS 4Gネットワークキッズウォッチ携帯電話(T30)
料金
(レビューがある店舗の料金)
18,800円(税込)
(Oaxis公式サイト)
26,800円(税込)(Oaxis公式サイト)12,150円(税込)
(Amazon)
12,150円(税込)
(Amazon)
12,419円(税込)
(Amazon)
ランニングコスト
(データSIM最安値)
198円~
(税込)
198円~
(税込)
290円~
(税込)
290円~
(税込)
209円~
(税込)
通話&チャット機能
(SIMカード必要)
通話
ビデオ通話
個別にチャットできる
通話
ビデオ通話
個別にチャットできる
通話
ビデオ通話
グループチャットのみ
通話
ビデオ通話
グループチャットのみ
通話
ビデオ通話
チャット機能あり
(詳細不明)
対応SIMカードHISモバイル
IIJeimio
※口コミでHISを推す声多数
※わが家もHIS利用中
HISモバイル
IIJeimio
※口コミでHISを推す声多数※わが家もHIS利用中
OCNモバイルONE
b-mobile
※口コミによるおすすめ
※データSIMは見守り機能利用不可
OCNモバイルONE
b-mobile
※口コミによるおすすめ
※データSIMは見守り機能利用不可
LINEモバイル、b-mobileのデータSIM、IIJmioのSIM、nuroのデータSIMなど(詳細不明)
GPS機能多少の誤差あり
※口コミ情報
多少の誤差あり
※口コミ情報
多少の誤差あり
※口コミ情報
多少の誤差あり
※口コミ情報
あり
精度は不明
SOS機能ボタンを押すと緊急信号と周囲の音(30秒)を保護者に送信ボタンを押すと緊急信号と周囲の音(30秒)を保護者に送信ボタンを長押しすると保護者に通話発信ボタンを長押しすると保護者に通話発信ボタンを長押しすると保護者に通話発信
防水機能一時的に水中に沈めた場合でも機器が影響を受けない継続的に水中に沈めた場合でも機器が影響を受けない一時的に水中に沈めた場合でも機器が影響を受けない一時的に水中に沈めた場合でも機器が影響を受けない一時的に水中に沈めた場合でも機器が影響を受けない
バッテリー連続待受け48時間
連続通話6時間
連続待受け48時間
連続通話6時間
商品紹介に記載なし商品紹介に記載なし商品紹介に記載なし
バイブレーション
機能
なしありなしなしなし
音声聞き取り機能※なしなしありなしなし
懐中電灯機能なしなしなしありなし
情報は2023年1月31日現在のものです。最新情報は公式サイトやリンク先からご確認ください。
※スマホアプリで操作して、スマートウォッチから自動で電話を掛け、子供の周辺の音を聞くための機能

ほかのスマートウォッチと比較した場合のデメリット

「myFirst Fone R1」とほかのスマートウォッチを比較した場合のデメリットは、本体価格が高いことです。

逆に言うと、この1点ぐらいしかありません。

ただし、ランニングコストについては、公式が本体保証しているHISモバイルの格安プランが利用できるなど有利な面もあります。

ほかのスマートウォッチと比較した場合のメリット①技適認証を受けている

技適とは『技術基準適合証明』の略称で、『日本国内電波法』のことです。

無線通信の混信や妨害を防ぎ、また、有効希少な資源である電波の効率的な利用を確保するため、無線局の開設は原則として免許制としており、当該無線局で使用する無線設備が技術基準に適合していることを免許申請の手続きの際に検査を行うこととしております。出典:総務省

技適認証を受けていないキッズスマートウォッチを利用すると違法になる恐れがありますが、「myFirst Foneシリーズ」はちゃんと技適認証を受けています。

技適認証を受けているかどうかは、総務省の電波利用ホームページ内で調べることができます。

※番号は入力せずに、氏名又は名称の欄に法人名を入力するか、型式又は名称欄への入力で探せます。

総務省 電波利用ホームページ | 技術基準適合証明等を受けた機器の検索 (soumu.go.jp)

ほかのスマートウォッチと比較した場合のメリット②口コミの評価が高く安心感がある

ほかのスマートウォッチには、あまり口コミがなかったり、酷評されているものもありますが、myFirst Fone R1の口コミは概ね高評価です。

ほかのスマートウォッチと比較した場合のメリット③SOS機能が充実

SOSボタンを押すと、30秒周囲の音を自動録音する機能はほかのスマートウォッチには無い機能です。

いざというときに、子供の周囲の様子が離れていても把握できます。

ほかのスマートウォッチと比較した場合のメリット④強力なバッテリー

バッテリーの耐久時間は重要なポイントです。

「myFirst Fone R1」は待受48時間、6時間連続通話ができます。

ほかの見守り用機器と比較した場合のデメリット①通話内容が周囲に聞かれてしまう

専用のイヤホンがないと保護者からの通話内容が周囲に聞かれてしまうのが難点です。

そもそもあまり長時間話す機会がなければ気にならないと思いますが、通話も頻繁に利用するなら、公式サイトで専用のイヤホンを購入すればこの点は解決できます。

ほかの見守り用機器と比較した場合のデメリット②高学年になると通話を嫌がる可能性がある

高学年になると、スマートウォッチを使って通話するのを恥ずかしがるかもしれないですね。

メッセージ機能があるスマートウォッチで、あまり通話を使わないようなら問題はありません。

実際、わが家ではほぼ通話は使用せず、ボイスメッセージや絵文字でやりとりすることが多いです。

ほかの見守り用機器と比較した場合のメリット①インターネットのリスクがない

スマートフォンのようにインターネットを見ることはできないので、セーフティ機能の設定などで悩むこともありません。

ほかの見守り用機器と比較した場合のメリット②なくす心配がない

腕時計なので、常に身につけていられるのがメリットです。

スマートフォンやGPSの場合、カバンに入れたまま忘れたりするのが心配ですが、キッズスマートウォッチの場合その点は安心です。

ほかの見守り用機器と比較した場合のメリット③事故やケガの心配がない

友達と遊んでいるときに、スマートフォンやキッズ携帯をストラップで首からぶら下げていると、ぶつけてケガをさせたり、首が締まる事故のリスクがあります。

腕時計ならその心配は不要です。

ほかの見守り用機器と比較した場合のメリット④子どもにとって邪魔にならない

キッズスマホやGPSをカバンに入れて持ち歩いたり、ポケットに入れると子供にとっては邪魔に感じると思います。

腕時計なら遊ぶときにも邪魔になりません。

ほかの見守り用機器と比較した場合のメリット⑤緊急時のSOS機能に優れている

本体の横に付いているSOSボタンを押すと、30秒間周囲の音を録音し、保護者のスマートフォンに送信します。

離れていても子供の様子が確認できる機能で、他のスマートウォッチにはない機能です。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

子供の連絡手段にはスマートウォッチがオススメな理由

myFirst Fone R1の本体価格を比較

気になるmyFirst Fone R1の料金について解説します。

「myFirst Fone R1」の定価の料金について表にまとめました。

スクロールできます
Oaxis Japan公式サイトAmazon楽天Yahoo!
ショッピング
スマートウォッチ本体20,680円20,680円20,680円20,680円
本体 + 保護フィルム21,340円取扱なし21,880円21,880円
本体 + 骨伝導イヤホン26,660円該当なし27,660円27,660円
本体 + 保護フィルム + 骨伝導イヤホン27,320円該当なし28,860円28,860円
※価格は定価表示(セール価格は反映していません)
※最安値は赤字にしています

定価での比較なら、どのサイトで購入しても差はありませんが、保護フィルムなどとセット購入した場合、公式サイトが最安値となります。

1/19追記
Oaxis公式サイトで、myFirst Fone R1は、2/1から価格変更により22,800円(税込)での販売となることがアナウンスされました。
今の価格が18,800円なので、なんと4,000円アップ!
購入を検討されている方はお急ぎください。

キッズスマートウォッチ、myFirst Fone R1
  • 今なら10%offで購入できる
  • 通常1年の保証期間が2年間延長できる
  • 商品到着後1週間、理由問わず返品可能
  • 保護フィルム、イヤホンとセット購入で割引
今の価格で買えるのは1/31まで!

ただし、クーポンやポイントを貯めている場合は、Amazon、楽天、ヤフーショッピングで本体を購入して、公式サイトで保護フィルムやイヤホンを購入した方がお得です。

※2月からの値上げはどのサイトの価格にも反映するのでご注意ください。

2022年にNEWモデルが発売!R1との違いをチェック

2022年春から、新しいモデル「myFirst Fone R1s(マイファーストフォンアールワン・スピード)」が発売開始されました。

この記事で紹介した「myFirst Fone R1」との商品仕様の比較表は下のとおりです。

上の比較表から、myFirst FoneR1sで追加された機能と強化された機能を下の表にまとめました。

新機能強化された機能
バイブレーション機能
心拍数モニター
アニメーション文字盤
手上げ点灯機能
音楽プレーヤー
IPX8級防水
カスタマイズアラーム
活動量計の達成度表示

子どもの見守りをする上で、旧モデルから改善された機能は「バイブレーション機能」です。

myFirst Fone R1の口コミを見ると、子供がメッセージに気づきにくいという意見があったので追加された模様。

価格差はありますが、安全面を重視されたい方にはこちらがオススメです!

  • 通常1年の保証期間が2年間延長できる
  • 商品到着後1週間、理由問わず返品可能
  • 保護フィルム、イヤホンとセット購入で割引
  • 登下校、習い事の往復時に安心できる
「たすけて、こまった」を見逃さないために

さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事で解説しているので参考にされてください。

myFirst Fone R1sとR1を比較レビュー・口コミ・評判を紹介!メリット・デメリットも解説

myFirst Fone R1で利用できるSIMカードを比較!楽天モバイル改悪後のおすすめはHISモバイル

myFirst Fone R1の見守り機能(通話、GPS機能)を利用するためにはSIMカードが必要です。

以前は、楽天モバイルのSIMなら、1GBまで無料で利用できました。

しかしながら、2022年7月1日からこのプランが変更され、0~3GBまで1078円(税込) となってしまいました。

Oaxis Japanの公式サイトでは、SIMカードもセットで販売しているプランがあります。

また、他にも動作保証をしているSIMカードが紹介されているので、データSIM、音声SIMに分けて比較しました。

その結果、私のおすすめはHISモバイルです。その理由は次のとおりです。

  • 料金が業界最安値
  • 私自身が半年以上利用して動作にまったく問題がない

音声SIMを利用されたいHIS公式サイトのこちらのボタンからお申し込みください。

\ 月額290円からの音声SIMに申し込む /

データSIMを利用されたい方はHIS公式サイトの下のボタンから申し込めます。

\ 月額198円からのデータSIMに申し込む /

公式サイトで動作保証されているSIMカードをデータSIM、音声SIMに分けて作成した比較表は次のとおりです。

データSIM比較表

スクロールできます
SIMカード会社回線月額(データ利用量初期費用SIM発行料
Oaxis
公式サイト
myFirst
FreeSIM
ドコモ回線1,178円無制限0円440円
IIJmioDプラン
(ドコモ回線)
740円2GB3,300円433.4円
BIC SIMDプラン
(ドコモ回線)
740円2GB3,300円433.4円
Y!モバイル
イオン
モバイル
タイプ1
HIS
モバイル
ビタッ!
プラン
Dプラン
(ドコモ・
ソフトバンク
回線)
198円100MB3,300円
b-mobile
190PadSIM
※公式サイト
非推奨
ドコモ回線209円100MB3,300円
Y!モバイルとイオンモバイルは音声SIMのみの取扱い

音声SIM比較表

スクロールできます
SIMカード会社回線月額(税込)データ利用量初期費用SIM発行料通話料金
Oaxis
公式サイト
myFirst FreeSIM
IIJmioDプラン
(ドコモ回線)
850円2GB3,300円433.4円11円/30秒
BIC SIMDプラン
(ドコモ回線)
850円2GB3,300円433.4円11円/30秒
Y!モバイルソフトバンク
回線
2,178円3GB22円/30秒
イオン
モバイル
タイプ1
Dプラン
(ドコモ回線)
803円0.5GB11円/30秒
HISモバイル
自由自在
290プラン
Dプラン
(ドコモ・
ソフトバンク回線)
290円100MB3,300円9円/30秒
b-mobile
合理的シンプル
290プラン
※公式サイト
非推奨
ドコモ回線290円1GB3,300円11円/30秒

なお、SIMカードについて、詳しくはこちらの記事で解説しています。

【月額198円】「myFirst Fone R1」に使える格安simカード|楽天モバイル改悪後のおすすめは?

よくある質問と回答

myFirst Fone R1について、気になる点をまとめました。

もし他に気になる点があれば、ツイッターや問い合わせフォームからお尋ねください。

今後、できるだけ追記していきたいと思います。

登下校のときが心配|学校に持ち込んでも大丈夫?

警視庁の調査では、子供が犯罪に巻き込まれるのは自宅付近、夕方が最も多いという結果が出ています。

「警視庁子ども・女性の安全対策に関する有識者研究会」の結果 ※タップで開きます

なんと、小学生が犯罪被害に遭遇している場所は、自宅から500m以内というケースが約75%です。

警視庁子ども・女性の安全対策に関する有識者研究会」より引用

また、次の図では、小学生が被害に遭っている犯罪は、午後4時をピークに3~5時台、つまり下校中が最もリスクが高いことがわかります。

警視庁子ども・女性の安全対策に関する有識者研究会」より引用

多くの学校では、腕時計の持ち込みが禁止されているため、せっかくmyFirst Fone R1を購入しても登下校中には使えないのではと不安な方もいると思います。

その疑問にお答えすると、myFirst Fone R1は学校に持ち込むことはできます。

ただし、腕時計のままだと持込を禁止している学校が多いので、専用のシリコンケースに入れてホルダー状にする必要があります。

イメージが湧くように画像を撮影しました。

1.スマートウォッチのベルトを外す

2.付属のシリコンケースを本体に装着

3.画像のようにランドセルに付けるか中に入れる

目立つのが嫌な場合は、2つ目の画像のようにランドセルの中に入れてしまえば問題になることはないと思います。

SIMカードのセットってどうやるの?動画で解説

スマホ等は、最初からSIMカードが入っていることが多く、SIMカードを自分でセットするのが初めてという方もいるかと思います。

そんな方向けに、myFirst Fone R1にSIMカードを入れる方法について、動画で撮影しました。

他のスマートウォッチでもやり方は近いと思うので参考にされてください。

不安な方は動画を見ていただければ、そんなに難しい作業じゃないとわかると思います。

すみ

動画を見ながらセットしてみてくださいね。

Wi-Fiのみで使用できる?

Wi-Fiのみで利用すれば、月額はかからないので、気になる方も多いと思います。

公式サイトの「myFirst Fone」よくある質問に回答がありました。

SIMカードなしの利用はできますか?Wi-Fiで利用したいです。

できます。但し初期化するために、最初どうしてもSIMカードを挿入しなければなりません。またGPS追跡はほぼ利用できなくなります(WIFI環境から抜けると、通信できなくため)。また一部の機能が利用できなくなります。 

使っていないSIMカードがあれば、Wi-Fiにつないで家で利用することは可能です。

ただし、Wi-Fi環境から離れると通話などのやりとり、GPSでの位置情報の確認ができません。

見守り機能を使うためにmyFirst Fone R1を購入するなら、SIMカードの契約は必要です。

Wi-Fiを利用するとデータ利用量が節約できるメリットがあります。

SIMカードのプランが利用無制限でない場合は、自宅ではWi-Fiに接続しておくとムダな出費を抑えましょう。

安心の1年保証つき!今なら10%offで購入できるイチオシの見守り用スマートウォッチ

「my FirstFone R1」があれば、お子さんが習い事や外遊びに行ったときにも安心です。

通話、GPS、SOS機能を備えた高性能のスマートウォッチが定価から10%引きで購入できます。

「習い事の送り迎えの時間がない」「子どもが大きくなって1人で出かけることが増えてきた」そんな方におすすめです。

myFirst Fone R1はOaxis Japan公式サイトで購入できます。

1/19追記
Oaxis公式サイトで、myFirst Fone R1は、2/1から価格変更により22,800円(税込)での販売となることがアナウンスされました。
今の価格が18,800円なので、なんと4,000円アップ!
購入を検討されている方はお急ぎください。

公式サイトで購入するメリットは次のとおりです。

キッズスマートウォッチ、myFirst Fone R1
  • 今なら10%offで購入できる
  • 通常1年の保証期間が2年間延長できる
  • 商品到着後1週間、理由問わず返品可能
  • 保護フィルム、イヤホンとセット購入で割引
今の価格で買えるのは1/31まで!

myFirst Fone R1の見守り機能を利用するためには、SIMカードが必要です。

公式サイトが指定しているSIMカードの中でオススメはHISモバイル。

音声SIMを利用されたいHIS公式サイトのこちらのボタンからお申し込みください。

\ 月額290円からの音声SIMに申し込む /

データSIMを利用されたい方はHIS公式サイトの下のボタンから申し込めます。

\ 月額198円からのデータSIMに申し込む /

子供を安心して学校や習い事に通わせるのに、見守り用キッズスマートウォッチはとても役立ちます。

ぜひこの記事を参考にされてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

タップで応援

にほんブログ村 子育てブログ 子供用品・子どもグッズへ

タップで応援

にほんブログ村 教育ブログ 知育教育へ

コメント

コメントする

目次