月額がかからない方法は?見守り用キッズスマートウォッチ、GPS、スマホ/携帯のメリット、デメリットについて解説

月額がかからない方法は?見守り用キッズスマートウォッチ、GPS、スマホ/携帯のメリット、デメリットについて解説のアイキャッチ

キッズスマホやGPS、いろいろあるけど子供の見守りにはどれがいいかな?

子供が大きくなって行動範囲が広くなってくると、安全面が心配ですよね。

最近は、子供が行方不明になる事件を報道で見かけることも増えました。

子供の位置情報を把握していれば、トラブルを未然に防いだり、万が一行方がわからなくなっても、すぐに見つけることもできます。

わが家では、長男が小4になったときに習い事に一人で通わせることにしました。

子供の見守り用機器には、キッズスマホ、携帯、GPS、スマートウォッチがあります。

この記事では、子供の見守り用機器について安全面と費用面から比較し、メリット、デメリットについて解説しています。

また、月額がかからない方法についても調べてみたので参考にされてください。

すみ

私はスマートウォッチを利用していますが、それぞれの機器にメリット、デメリットがあります。この記事を読んでご家庭に合ったものを選ばれてくださいね。

この記事でわかること
  • 見守り用機器を無料または格安で利用する方法はあるか
  • 子供の見守り用機器の選び方
  • キッズスマートウォッチ、GPS、スマホ・携帯のメリット、デメリット
  • おすすめのキッズスマートウォッチ、GPS、スマホ・携帯
目次

見守り用機器を無料または格安で利用する方法はあるか

毎月の支払いなしで見守り用機能を利用する方法はないかな?

すみ

月額がかかるかどうかは誰もが気になるところだと思うので最初に解説しますね。

結論から言うと、基本的には月額がかからない方法はありません。(例外あり)

見守りに必要な3つの機能(GPS、通話(通信)、SOS)を利用する場合、SIMカードが必要となるため、毎月通信費が発生します。

ただし、例外もあるので月々の負担をなくす(減らす)方法として、ここでは次の2つをご紹介します。

  • 買い切りタイプのGPS
  • 格安SIM

買い切りタイプのGPSなら月額不要

買い切りタイプのGPSであれば、本体価格の費用のみで、2~3年は無料で利用できます。

契約する必要もなく、購入してすぐに利用できるのもメリットです。

昨年、買い切りタイプのGPS「FamilyDot(ファミリードット」が価格を見直したことで業界最安値となりました。

契約不要で、本体価格の9,900円(税込)を支払えば2年間は通信費はかかりません。

格安SIMなら月額200~300円で利用できる

次に、格安SIMを利用する方法を紹介します。

格安SIMなら、月額200~300円程度で利用できるものがあり、負担をかなり抑えることができます。

スマートウォッチ、スマホ利用の場合は格安SIMを使うことで費用を抑えることができます。
※GPSはSIM内蔵、キッズ携帯は基本的にキャリアでの契約のため格安SIMの利用は不可

おすすめのスマートウォッチ、スマホはこちら ※記事内の該当箇所へジャンプします。

データSIMなら月額198円、音声SIMなら290円から利用できます。

下の表はデータSIMの中でも最安値のプランを参考に挙げてみました。(IIJmioのプランは参考値)

スクロールできます
SIMカード会社回線月額(税込)データ
利用量
初期
費用
SIM
発行料
IIJmioDプラン
(ドコモ回線)
740円2GB3,300円433.4円
HIS Mobile
ビタッ!プラン
Dプラン(ドコモ・
ソフトバンク回線)
198円100MB~3,300円
b-mobile
190PadSIM
ドコモ回線209円100MB~3,300円

通話をあまり利用しない場合は、データSIMでも十分です。

業界最安値で私も利用しているHIS Mobileかb-mobileのSIMカードが最もおすすめです。

子供の見守り用機器の選び方

お子さんの見守り用機器を選ぶ際は、次の3つの点で検討すると良いと思います。

  1. 見守り用機器の特徴(メリット・デメリット)で選ぶ
  2. コストで選ぶ
  3. お子さんの年齢で選ぶ

個人的には、機能面、コスパから考えるとスマートウォッチが最もおすすめです。

スマートウォッチをおすすめする理由はこちらの記事で詳しく解説しているので参考にされてください。

スマホ以外の連絡手段は?小学生の子供にはスマートウォッチがおすすめな5つの理由

実際、わが家でもスマートウォッチを長男が小4になったときから利用しています。

見守り用機器の特徴(メリット・デメリット)で選ぶ

見守り用機器にはそれぞれ特徴、メリット・デメリットがあるのでそれを踏まえて選んでください。

見守り用機器の特徴について表にまとめたので参考にどうぞ!

機器メリットデメリット
スマートウォッチ・ボタン一つでSOS発信ができる
・格安SIM利用で負担を抑えられる
・携帯しやすく邪魔にならない
・紛失しにくい
・日本製のものがない
・学校が持込を禁止している場合あり
・使い方によっては電池の減りが早い
・本体価格が高い
GPS発信機・学校に持ち込める
・電池の持ちが良い
・余計な機能が無い
・本体価格が抑えられる
・通話やメール機能はない
・携帯しにくく邪魔になる
キッズスマホ・インターネットが利用できる
・親のキャリアに関係なく使える
・フィルターやアプリ制限が必要
・月額負担が大きい
・携帯しにくく邪魔になる
・基本的に学校が持込を禁止
キッズ携帯・防犯ブザー機能が標準装備
・キャリアの家族割引が使える
・同じキャリアの家族同士で通話できる
・3大キャリア以外の機種はない
・携帯しにくく邪魔になる
・基本的に学校が持込を禁止

また、子供の見守り用機器の大事な機能(GPS、通話(通信)、SOS機能)のうち、必要だと思う機能が機器によって使えるかどうか確認が必要です。

例えば、同じスマートウォッチでも、安価なものはそもそも見守り機能が付いていないものもあります。

コストで選ぶ

キッズスマホ・携帯、GPS、スマートウォッチを利用するためには、本体価格と通信費がかかります。

スクロールできます
機器本体の価格帯月額の目安
スマートウォッチ12,000~26,000円198円~
GPS発信機5,280~19,800円462円~
キッズスマホ9,980~55,000円1,100円~
キッズ携帯14,000~18,000円529円~

上の表では、少しわかりにくいので、コスパや機能面から、それぞれの機器のイチオシ商品で比較してみました。

下の表をご覧ください。

スクロールできます
機器おすすめの
商品名
本体
価格
月額の
目安
スマートウォッチmyFirst Fone R114,000~18,800円198円~
GPS発信機FamilyDot(ファミリードット)9,900円/2年
(5,500円で1年延長)
0円
キッズスマホトーンモバイル9,980~55,000円1,100円~
キッズ携帯キッズケータイSH-03M(ドコモ)14,256円550円
mamorino5(au)15,840円737円
キッズフォン2(ソフトバンク)18,000円539円

子供の年齢で選ぶ

年齢によって、持たせるのに適した機器があるので参考にされてください。

学年(年齢)おすすめの機器
小1~2(7~8才)スマートウォッチ、GPS
小3~4(9~10才)スマートウォッチ、キッズ携帯
小5~6(11~12才)スマートウォッチ、キッズスマホ

個人的にどの学年にもおすすめなのがスマートウォッチです。

GPS、通話(通信)、SOS機能を備え、携帯のしやすさ、紛失リスクの低さを考えるとコスパがとても良いです。

また、小学校6年間利用すると考えれば安い買い物だと思います。

中学生まではスマホや携帯は持たせたくないという方も多いと思うので、その場合はスマートウォッチ一択です。

GPSについては、むずかしい操作が不要なので低学年のお子さんにおすすめです。

キッズ携帯は、家族がキャリアを利用している場合は、お得に利用できるので選択肢としてありだと思います。

キッズスマホは、高学年になり、夜まで進学塾などの習い事に通う場合は持たせる必要があるかもしれません。

また、周りの友達が持っているとなるとお子さん自体が欲しがるかもしれませんね。

その場合は、個人的には早い気もしますがキッズスマホを持たせることも検討してあげてください。

おすすめのキッズスマートウォッチ、GPS、スマホ・携帯

買いたい機器は決まったけど、具体的にどの商品が良いんだろう?

すみ

コスパ、見守り機能などから、1つずつおすすめを紹介します。ぜひ参考にされてください。

キッズスマートウォッチのおすすめは「myFirst Fone R1」

キッズスマートウォッチのおすすめは、「myFirst Fone R1」!

わが家でも実際に購入し、利用しているスマートウォッチです。

myFirst Fone R1のレビューや口コミ・評判についてはこちらの記事を参考にされてください。

徹底レビュー!Oaxis myFirst Fone R1(4G子供用スマートウォッチ) みんなの口コミ・評判は?

GPS、通話(通信)、SOS機能が使えるスマートウォッチは限られています。

5つのスマートウォッチを比較してみて分かった、「myFirst Fone R1」が特に優れているのが次の点です。

  • 口コミの安心感
  • SOSボタンを押すと周囲の音を自動録音し保護者に送信する機能
  • デザイン性

スマートウォッチを比較した記事はこちらです。

【見守り機能で比較】子供用スマートウォッチ5選!SIMフリーで通話、GPS機能が使える機種を厳選

myFirst Fone R1はOaxis Japan公式サイトで購入できます。

公式サイトで購入するメリットは次のとおりです。

  • 今なら10%offで購入できる!
  • 通常1年の保証期間が2年間延長できる(有料)
  • 保護フィルム、骨伝導イヤホンとセットでの購入なら最安値

\ 今なら10%Off! /

GPSのおすすめは「FamilyDot(ファミリードット)」

私のおすすめは、ランニングコストが発生しない買い切りタイプのGPSです。

「FamilyDot(ファミリードット)」は昨年、料金を見直して2年間のトータルコストが業界最安値となりました。

9,900円(税込)で、2年間通信費もかからないので、低学年の間だけ利用する場合におすすめです。

\ 9,900円で2年間使い放題 /

キッズスマホのおすすめは「トーンモバイル」

「トーンモバイル」には、次のとおり独自の見守り機能が搭載されています。

  • AIがお子さんの位置情報や乗り物を伴う移動状態を通知する機能
  • AIフィルターで自画撮り被害を防止する独自カメラ機能
  • 利用時間やアプリ毎の細かな制限

東京都など9都県市で推奨されている安心して使えるスマホです。

\ 公式サイトから申し込む /

キッズ携帯のおすすめ

キッズ携帯のおすすめは使用するキャリアによって変わるので、ここでは、ドコモ、au、ソフトバンクのキッズ携帯を紹介しておきます。

ドコモのおすすめキッズ携帯

ドコモ
¥11,000 (2022/10/02 11:55時点 | Amazon調べ)
\お買い物マラソン!今だけポイント最大10倍!/
楽天市場

auのおすすめキッズ携帯

mamorino5(マモリーノ ファイブ) | ケータイ | au

ソフトバンクのおすすめキッズ携帯

キッズフォン2 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク (softbank.jp)

すみ

この記事を参考に、目的に合った見守り用機器を選んで、お子さんを危険から守ってあげてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

タップで応援

にほんブログ村 子育てブログ 子供用品・子どもグッズへ

コメント

コメントする

目次
閉じる