QISHUO vs Oaxis|どっちがオススメ?2つのキッズスマートウォッチの違いをレビュー

QISHUO(LT25、LT21)vs Oaxis(myFirst Fone R1s、R1)|どっちがオススメ?2つの違いを徹底比較のアイキャッチ画像

子供の見守り用にはQISHUOとOaxisのスマートウォッチ、どっちが良いんだろう?

この記事ではこのような疑問にお答えします。

この記事でわかること
  • QISHUOとOaxis myFirst Foneを比較した結果
  • QISHUOがオススメな人、Oaxisがオススメな人
  • QISHUOの「LT25」と「LT21」の違い
  • Oaxis myFirst Fone「R1s」と「R1」の違い

子供の見守り用のキッズスマートウォッチを探していると、「QISHUO」か「Oaxis」のスマートウォッチに行き着きます。

私は、長男用にこの2つで迷って最終的にOaxisの「myFirst Fone R1」を購入。

2022年に最新機種「myFirst Fone R1s」が発売されたので、7歳の娘用にはこちらを購入しました。

個人的には「my First Fone」を推しますが、QISHUOにもメリットがあるので、この記事で比較しながら解説していきます。

この記事を書いた人

すみ Sumi

現在、Oaxis社のmyFIrst Fone R1sを娘(7)が、R1を息子(11)が利用中。この記事では、子供の登下校や習い事の見守りに悩めるパパママに向けて、QISHUOと比較した結果をシェアします。

私も悩みました
目次

「QISHUO」と「Oaxis myFirst Fone」のキッズスマートウォッチを9つの項目で比べてみました

子供の見守り用のキッズスマートウォッチでおすすめの機種は、「QISHUO」と「Oaxis」でそれぞれ2つずつあります。

QISHUOは、日本語対応のLT25とLT21という2つの機種がオススメです。
※QISHUOのキッズスマートウォッチは日本語非対応のものもあるので購入の際はご注意ください。

一方、Oaxisのキッズスマートウォッチは、「myFirst Fone R1」と「myFirst Fone R1s」の2機種。どちらもオススメです。

比較表を作成したのでまずはこちらを参考にされてください。

商品画像
Oaxis Japan公式サイト
Oaxis Japan公式サイト
Amazon

Amazon
商品名myFirst Fone R1myFirst Fone R1sQISHUO キッズスマートウォッチ LT25QISHUO キッズスマートウォッチ LT21
本体価格
(レビューがある店舗の料金)
18,800円(税込)
(Oaxis公式サイト)
26,980円(税込)(Oaxis公式サイト)12,150円(税込)
(Amazon)
12,550円(税込)
(Amazon)
月額料金
(データSIM最安値)
198円~
(税込)
198円~
(税込)
290円~
(税込)
290円~
(税込)
通話&メッセージ(チャット)機能
※SIMカード必要
通話
ビデオ通話
個別にチャットできる
通話
ビデオ通話
個別にチャットできる
バイブレーション機能あり
通話
ビデオ通話
グループチャットのみ
通話
ビデオ通話
グループチャットのみ
対応SIMカードHISモバイル
IIJeimio等
※口コミでHISを推す声多数
※わが家もHIS利用中
HISモバイル
IIJeimio等
※口コミでHISを推す多数
※わが家もHIS利用中
HISモバイル
b-mobile
※口コミによるおすすめ
※データSIMは見守り機能利用不可
HISモバイル
b-mobile
※口コミによるおすすめ
※データSIMは見守り機能利用不可
GPS機能多少の誤差あり
※口コミ情報
多少の誤差あり
※口コミ情報
多少の誤差あり
※口コミ情報
多少の誤差あり
※口コミ情報
SOS機能ボタンを押すと緊急信号と周囲の音(30秒)を保護者に送信ボタンを押すと緊急信号と周囲の音(30秒)を保護者に送信ボタンを長押しすると保護者に通話発信
※音声聞き取り機能あり
ボタンを長押しすると保護者に通話発信
防水機能一時的に水中に沈めた場合でも機器が影響を受けない継続的に水中に沈めた場合でも機器が影響を受けない一時的に水中に沈めた場合でも機器が影響を受けない一時的に水中に沈めた場合でも機器が影響を受けない
バッテリー連続待受け48時間
連続通話6時間
連続待受け48時間
連続通話6時間
商品紹介に記載なし
【口コミ】
・利用しなくても1日で切れる
・2日間はもつ
商品紹介に記載なし
【口コミ】
・利用しなくても1日で切れる
・2日間はもつ
日本語対応しているしているしているしている
情報は2023年1月7日現在のものです。最新情報は公式サイトやリンク先からご確認ください。
※スマホアプリで操作して、スマートウォッチから自動で電話を掛け、子供の周辺の音を聞くための機能

それでは、表の内容について、詳しく解説していきます。

なお、この記事で紹介している4機種を含む5機種と日本製のキッズスマートウォッチのランキングが気になる方はこちらの記事をどうぞ。※日本製のキッズスマートウォッチは見守り機能なし

【2023年最新ランキング】キッズスマートウォッチ|日本製、SIMなしの機種、GPS付きの機種を機能、口コミ等で評価

本体価格

QISHUO「LT25」、「LT21」の本体価格はともに約12,000円です。

ただし、楽天などを見ると、1万6千円台で販売されていたりと、時期や販売しているECサイトによって変わります。

一方、Oaxis myFirst Fone「R1」は20,800円、「R1s」は26,980円です。(定価)
※2023.1.7時点の価格はR1は18,800円(約10%off)※Oaxis公式サイトの価格

本体価格で比較すると、かなり差がありますが機能面や安心感に差があるのでどちらを重視するかでオススメの機種は変わります。

月額料金(データSIM最安値)

QISHUO

QISHUOの対応SIMは、公式サイトがないためAmazonの利用者によるレビューを参考に利用可能なSIMを確認しました。

HISモバイルとb-mobileは問題なく利用できるようです。

気を付ける点として、QISHUOのキッズスマートウォッチはデータSIMの場合、ダイヤル発信による通話、SOS機能が利用できません。

データSIMでも、通話に関しては、ビデオ電話が利用できるので気になりませんが、子供からのSOSに対して万全を期したいなら、音声通話SIMを選びましょう。

HISモバイルとb-mobileの音声通話SIMなら、月額290円から利用できるプランがあります。
この2つが国内最安のプランです。

2つの違いは下の表のとおりです。

 HISモバイルb-mobile
データ量 / 290円100MB
※100MB~1GBは550円
1GB
通話料 / 30秒9円11円
※1GB以上利用することはほぼないので1GBを超える場合の料金については省略しています。

あまりデータを使わない場合は、通話料が安いHISモバイル、100MBを超えることが多い場合は、b-mobileがオススメです。

わが家が利用しているのは、myFirst Foneですが、通話はほぼ使わず、メッセージのやりとりとGPSを使うぐらいなので100MBを超えることはありません。

わが家と同じような使い方ならHISモバイルでOK、通話を頻繁に使うならb-mobileが安心だと思います。

\ 国内最安の通話料! /

\ 1GBまで安心して使える! /

Oaxis myFirst Fone

myFirst Foneは、データSIMでもビデオ通話による通話、GPS、SOS機能が使えるのでデータSIMという選択肢もあります。

公式サイトで動作保証されているSIMの中で最も月額料金が抑えられるのは、HISモバイルです。

データSIMなら198円/月、音声通話SIMなら290円/月から利用できます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【月額198円】myFirst Fone R1、R1s対応の格安simカードを比較|楽天モバイル改悪後のおすすめは?

なお、b-mobileも動作に問題はないという情報もありますが、公式サイトで保証されていないので利用しない方が無難です。

通話&メッセージ(チャット)機能 ※SIMカード必要

QISHUOとOaxisのキッズスマートウォッチの通話機能は、SIMカードの種類によって利用できる機能が異なります。

データSIMと音声通話SIMでできることをまとめました。

SIMの種類データSIM音声通話SIM
音声通話
(ダイヤル発信)
音声通話
(IP電話)
ビデオ電話
ボイスメッセージ
テキストメッセージ

QISHUO

QISHUOのキッズスマートウォッチの通話機能については、音声通話SIMの場合はすべての通話機能(ダイヤル発信、IP電話、ビデオ電話)が利用できます。

また、データSIMの場合は音声通話(ダイヤル発信)が利用できません。

音声通話
(ダイヤル発信)
スマートフォンや携帯電話の相手と通話ができる。
呼び出し音が鳴り続けるので子供からの電話を聞き逃すリスクが少ない。
音声通話
(IP電話)
myFirst Foneのアプリをインストールしている相手と通話ができる。
プッシュ通知なので子供の連絡に気づきにくい。
ビデオ通話myFirst Foneアプリをインストールし、デバイスをフォローしている相手と通話ができる。
プッシュ通知なので子供の連絡に気づきにくい。

次にメッセージ(チャット)機能ですが、音声メッセージは双方で送信できますが、絵文字は利用できません。

また、テキストメッセージはスマートウォッチからは送信できません。

スマホアプリからは、テキストメッセージ、写真が送れます。

また、1対1のチャットはできず、グループチャットのみです。

Oaxis myFirst Fone

通話機能については、QISHUOのキッズスマートウォッチと同様です。

メッセージ(チャット)機能については、次の4点がQISHUOと異なる点です。

  • 絵文字が双方向で利用できる
  • スマートウォッチ側から定型文が送信できる
  • スマホアプリからはテキストメッセージが送信できる
  • 1対1のチャットができる

対応SIMカード

QISHUO

公式サイトがないため、推奨SIM不明。

口コミ等の情報から、HISモバイル、b-mobileは利用可能。

なお、データSIMの場合、SOS機能が利用できない。
※ダイヤル回線を利用するため通話SIMが必要

音声SIM比較表

スクロールできます
 SIMカード会社 回線 月額(税込) データ利用量 初期費用 SIM発行料 通話料金
HISモバイル
自由自在
290プラン
Dプラン
(ドコモ・
ソフトバンク回線)
290円100MB3,300円9円/30秒
b-mobile
合理的シンプル
290プラン
※公式サイト非推奨
ドコモ回線290円100MB3,300円11円/30秒

Oaxis myFirst Fone

公式サイトで動作保証されているSIMカードについて、データSIMと音声通話SIMそれぞれ表にまとめました。

データSIM比較表

スクロールできます
 SIMカード会社 回線 月額( データ利用量 初期費用 SIM発行料
Oaxis
公式サイト
myFirst
FreeSIM
ドコモ回線1,178円無制限0円440円
IIJmioDプラン
(ドコモ回線)
740円2GB3,300円433.4円
BIC SIMDプラン
(ドコモ回線)
740円2GB3,300円433.4円
Y!モバイル
イオン
モバイル
タイプ1
HIS
モバイル
ビタッ!
プラン
Dプラン
(ドコモ・
ソフトバンク
回線)
198円100MB3,300円
b-mobile
190PadSIM
※公式サイト
非推奨
ドコモ回線209円100MB3,300円
※Y!モバイルとイオンモバイルは音声SIMのみの取扱い

音声SIM比較表

スクロールできます
 SIMカード会社 回線 月額(税込) データ利用量 初期費用 SIM発行料 通話料金
Oaxis
公式サイト
myFirst
FreeSIM
IIJmioDプラン
(ドコモ回線)
850円2GB3,300円433.4円11円/30秒
BIC SIMDプラン
(ドコモ回線)
850円2GB3,300円433.4円11円/30秒
Y!モバイルソフトバンク
回線
2,178円3GB22円/30秒
イオン
モバイル
タイプ1
Dプラン
(ドコモ回線)
803円0.5GB11円/30秒
HISモバイル
自由自在
290プラン
Dプラン
(ドコモ・
ソフトバンク回線)
290円100MB3,300円9円/30秒
b-mobile
合理的シンプル
290プラン
※公式サイト
非推奨
ドコモ回線290円1GB3,300円11円/30秒

なお、SIMカードについて、詳しくこちらの記事で解説しています。

【月額198円】「myFirst Fone R1」に使える格安simカード|楽天モバイル改悪後のおすすめは?

GPS機能

QISHUOとOaxisのGPS機能については、どちらも「誤差は数十メートルでそんなに気にならない」、「実際の位置とかなりずれている」という口コミがあります。

評価が一定でないのは、使用しているSIMや住んでいる地域の状況によってGPSは精度が変わるためです。

私が住んでいる地域は地方都市ですが、位置情報に大きなズレを感じたことはありません。(Oaxis my First FoneにHISモバイルのSIM利用で数十メートルの誤差)

QISHUOとOaxisのGPS機能に関する違いは下記のとおり、自動更新の頻度です。

ただし、頻度を高くするとどちらの機種もすぐにバッテリーがなくなるため、頻度は1時間程度で設定して、気になるときに手動で確認するのがオススメ。

QISHUO

位置情報の自動更新は最短10分で設定できます。

Oaxis myFirst Fone

位置情報の自動更新は最短5分で設定できます。

SOS機能

QISHUO

キッズスマートウォッチ本体横のボタンを3秒押すと、保護者に通話発信されます。

ダイヤル回線を使うのでデータSIMの場合は、この機能は利用できません。

また、LT25だけに※音声聞き取り機能があります。
※スマホアプリで操作して、スマートウォッチから自動で電話を掛け、子供の周辺の音を聞くための機能

Oaxis myFirst Fone

キッズスマートウォッチ本体横のボタンを長押しすると、緊急信号と周囲の音(30秒)を保護者に送信する機能があります。

この機能は他のキッズスマートウォッチにはない機能でいざというときにあると安心ですね。

防水機能

防水機能は、QISHUOのLT25、LT21、Oaxis myFirst Fone R1の3機種はIPX7、R1sはIPX8です。

下記のとおり、IPX7でも十分な防水機能ですが、R1sはさらに強力な機能を備えています。

保護
等級
内容
0級特に保護がされていない
1級鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)
2級鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)
3級鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)
4級あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)
5級あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
6級あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)
7級一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
8級継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)
電気機械器具の外郭による保護等級 – Wikipediaより引用

バッテリー

QISHUO

Amazon等の商品情報では不明。

口コミ等では、充電がすぐに切れるという声、GPSの更新頻度によってはすぐに充電がなくなるという声、2日間はもつという声がありました。

これは使い方やSIMによって変わると思うので、一概には言えません。

ただ、HISモバイル、b-mobileでGPSの更新頻度を1時間以上おきにすれば問題なく使えるようです。

Oaxis myFirst Fone

Oaxis公式サイトでは、myFirast Foneのバッテリーについては、連続待受け48時間、連続通話6時間となっています。

これはQISHUOと同じく、使い方やSIMによって変わると思うので一概には言えません。

私の実体験では、HISモバイル利用、GPSの自動更新は1時間おきに設定していれば、丸1日問題なく利用できます。

日本語対応

どちらの機種も、本体、スマホアプリ、説明書は、いずれも日本語に対応しています。

口コミ・評判等

次に気になるQISHUO、Oaxis、それぞれの口コミ・評判について紹介します。

QISHUO

LT25|悪い評判の口コミ

初期不良が多い
  • 初期不良なのか設定ができない
  • 初期不良でタッチパネルが反応しない
  • 初期不良があり交換してもらった

このような声がありますが、カスタマーセンターの対応は概ね高評価です。

説明書がわかりにくく設定に苦労した

説明書がわかりにくくSIMの設定がむずかしいという声がありました。

ただ、同時に価格が安いので、そこは許容範囲との意見もありました。

LT25|良い評判の口コミ

サポート体制が充実

細かい不具合とビデオ通話ができなくなり、カスタマーセンターに問い合わせたら、すぐに担当者から連絡があり日本語、画像や動画で分かりやすく説明してくれて解決したという声がありました。

カスタマーセンターは外国人の対応になりますが、日本語でわかりやすく説明してくれるようです。

コスパが良い

この値段で、gpsによる位置情報の把握、データsimかwifiよるテレビ電話、通話simによる通常電話が使えるのはもはや驚きという声がありました。

音声SIMを利用すればSOS機能も使えるので、最低限必要な機能はすべて揃って12,550円なので確かにコスパがとてもいい商品だと思います。

LT21|悪い評判の口コミ

設定がむずかしい

APN設定がとにかくむずかしく、カスタマーセンターのレスポンスは早いもののAmazon経由で問い合わせるのでタイムリーではないという声がありました。

QISHUOは公式サイトが見当たらず、購入はAmazonや楽天からとなります。

トラブルがあった場合は直接問い合わせができないので、少し手間に感じるかもしれません。

故障や不具合が多い

故障や不具合などのトラブルが多いという声がありました。

届いた製品に少し不安がありますが、カスタマーセンターの評判は良いので、フォローはしっかりしてもらえるようです。

LT21|良い評判の口コミ

安心なサポート体制

説明書に記載のないエラーなどわからない点が多々あったものの、販売元のサポートに連絡したところ迅速、丁寧な対応をしてもらい解決できたという声がありました。

サポート体制を評価する声は多いです。

子供の見守りに十分

子供の見守りに必要な機能が揃っていて満足という声が多くありました。

特に低学年の子供にオススメだと思います。

Oaxis myFirst Fone

R1s|悪い評判の口コミ

設定がむずかしい

設定がむずかしいという声がありました。

ただ、YouTubeを見ながら解決したり、サポートがしっかり教えてくれたので解決したという声も同時にありました。

私が購入したのは旧モデルですが、私も設定には少し苦労しました。

公式推奨のHISモバイルが画面で選択できず、サポートにメールで問い合わせて解決しました。

カメラがインカメラのみなのが残念

カメラがインカメラのみで腕時計として身に付けていると、自撮りのみになるという声がありました。

カメラ機能はおまけ程度として考えた方が良いかもしれません。

R1s|良い評判の口コミ

バイブレーション機能により、子供が通知に気づきやすくなった

バイブレーション機能により、子供が通知に気づきやすくなったため、親子のコミュニケーションがとりやすくなったという声がありました。

さらに、バイブレーション機能だけでも新製品(R1s)を選ぶ価値はあるという感想も。

子どもが気に入って使っている

デザインが良い(かっこいい、かわいい)といった声が多く、子どもが気に入って使用しているという口コミが多くありました。

また、自分のお気に入りの音楽を聴いて楽しんでいるという声も。

せっかく購入してもお子さんが使ってくれなかったり、付け忘れたりすると意味がなくなってしまうので本人が気に入るかは重要なポイントです。

設定に困ったらサポートが親切に対応してくれた

悪い口コミでも紹介しましたが、サポートの対応が良いという声が多く見られます。

万が一、不具合があっても購入後のフォローがしっかりしているのは安心ですね。

R1|悪い評判の口コミ

GPSの精度が悪い

ほかの機能については、ほとんど悪い口コミは見当たりませんでしたが、GPSの精度が悪いという口コミはチラホラ見かけました。

一方で都内なら正確という声もあり、場所やSIMによっても変わるのかもしれません。

ちなみにわが家は地方の中堅都市在住ですが、問題なく利用できています。

バイブ機能が無いのが少し残念

バイブ機能がないのが残念という声がありました。

実は2022年の春から出た新モデルには、バイブレーション機能が搭載されました。

バイブ機能が必要な方は値段は上がりますが、そちらを検討すると良いと思います。

R1|良い評判の口コミ

見守りに必要な機能が揃っていて満足した

子どもの見守りに必要な機能については、満足できるという口コミが多いようです。

購入目的は、あくまで子どもの安全のためなので機能面がしっかりしているのかが最も気になるところですね。

子どもが気に入って使っている

デザインが良い(かっこいい、かわいい)といった声が多く、子どもが気に入って使用しているという口コミが多くありました。

せっかく購入してもお子さんが使ってくれなかったり、付け忘れたりすると意味がなくなってしまうので本人が気に入るかは重要なポイントです。

不具合があってもすぐに交換してくれた

カメラや画面の不具合があったケースで、問い合わせ後すぐに交換してもらえたという口コミがいくつかありました。

万が一、不具合があっても購入後のフォローがしっかりしているのは安心ですね。

結論|QISHUOとOaxis myFirst Foneはどちらがオススメ?メリット、デメリットは?

この記事で比較した中には入っていませんが、国内製か海外製かを気にする方もいると思います。

私もまず日本製のものを探しました。

残念ながら見守り機能の付いたキッズスマートウォッチには日本製のものはありませんでした。

QISHUO、Oaxisともに海外製なので、デメリットに入れていますが、QISHUOは中国製、Oaxisはシンガポール製と違いがあります。

QISHUOとOaxisのメリット、デメリットをざっくりまとめると次のようになります。

機種 メリット デメリット
QISHUO・価格が安い
・サポートが丁寧
・簡単な説明書しかない
・初期設定に苦労する
・データSIMの場合見守り機能が利用できない
・海外製(中国製)
・公式サイトがない
Oaxis・見守り機能、その他の機能が充実
・データSIMでもすべての機能が使える
・公式の動画があり設定が簡単
・サポートが丁寧
・学校に持ち込みやすい
・高価格
・海外製(シンガポール製)

QISHUOもOaxisもGPSの精度が悪いという口コミがありますが、SIMの種類や場所によって精度に問題はないという声もあるので表には載せていません。

ちなみに、私はmyFirst Foneを利用していますが、GPSの誤差は数10メートルなので許容範囲です。

価格を重視するなら「Oaxis myFirst Fone」より「QISHUO」

「Oaxis myFirst Fone」は、公式サイトで、R1が18,800円、R1sは26,800円で販売されています。

一方、「QISHUO」は、LT25、LT21ともに12,150円です。

価格を重視するなら機能面や安心感に差はあるものの「QISHUO」がオススメです。

安心感を重視するなら「QISHUO」より「Oaxis myFirst Fone」

口コミやメリット、デメリットをまとめた表を見てもらうとわかるように、「Oaxis myFirst Fone」の方が「QISHUO」より安心感があります。

私は特に、「QISHUO」には公式サイトがないこと、中国製の商品であること、設定で苦労したという声が多いことが気になりました。

また、「Oaxis myFirst Fone」の方が機能面が充実しています。

安心感・機能面を重視するなら価格差はあるものの「Oaxis myFirst Fone」がオススメです。

さらに機能面を重視するなら、最新機種の「my First Fone R1s」がオススメです。

  • 通常1年の保証期間が2年間延長できる
  • 商品到着後1週間、理由問わず返品可能
  • 保護フィルム、イヤホンとセット購入で割引
「たすけて、こまった」を見逃さないために

価格面を重視するなら、旧モデルの「my First Fone R1」がオススメです。

1/19追記
Oaxis公式サイトで、myFirst Fone R1は、2/1から価格変更により22,800円(税込)での販売となることがアナウンスされました。
今の価格が18,800円なので、なんと4,000円アップ!
購入を検討されている方はお急ぎください。

キッズスマートウォッチ、myFirst Fone R1
  • 今なら10%offで購入できる
  • 通常1年の保証期間が2年間延長できる
  • 商品到着後1週間、理由問わず返品可能
  • 保護フィルム、イヤホンとセット購入で割引
今の価格で買えるのは1/31まで!
すみ

価格重視の方には「QISHUO」がオススメ、
安心感重視の方には「Oaxis」がオススメです!

「QISHUO」、「Oaxis myFirst Fone」をオススメする人

それでは、「QISHUO」・「Oaxis myFirst Fone」はそれぞれどんな人にオススメかをまとめます。

「QISHUO」をオススメするのはこんな人

  • 予算の上限が決まっていて価格重視の方
  • 中国製、公式サイトがなくても不安に感じない方
  • 通話、GPS、SOS機能が使えれば十分という方
  • 説明書がわかりにくくても、自分で調べたり問い合わせたりして設定するのが苦にならない方

「Oaxis myFirst Fone」をオススメするのはこんな人

  • 予算に余裕がある方
  • 公式サイトがあること、説明書や動画によるサポートの充実といった安心感を重視する方
  • 子供の安全面で妥協したくない方

また、ベルトを外して専用のシリコンケースを使えばキーホルダーになるため、学校に持ち込んで登下校中も見守りたい方にオススメです。

QISHUO「LT25」と「LT21」ではどちらが良い?

モデル価格懐中電灯機能音声聞き取り機能※1
LT2512,550円 なし あり
LT2112,550円 あり なし
※1 スマホアプリで操作して、スマートウォッチから自動で電話を掛け、子供の周辺の音を聞くための機能

まず、LT25とLT21の違いは、上の表のとおりです。

LT25には音声聞き取り機能があり、LT21には懐中電灯機能があります。

他に機能の差はないので、見守り機能を重視するならLT25がオススメです。

ただ、両方とも品切れのときが多く、特にLT25はここ数か月、Amazon等で販売されているのを見たことがありません。(2023年1月時点)

類似品も多く出ているようなので、購入の際は品番をしっかり確認してくださいね。

Oaxis myFirst Fone「R1s」と「R1」ではどちらが良い?

Oaxisのキッズスマートウォッチ、myFirst Fone「R1s」と「R1」の違いは本体価格です。

定価を比較すると、R1sが26,800円、R1が20,680円で約6千円の差があります。

続いて、機能の違いを下の表にまとめました。

スクロールできます
項目myFirst Fone R1smyFirst Fone R1
スクリーンサイズRound 1.3”TFTRound 1.3”TFT
カメラ200万画素200万画素
SIMNanoNano
システムAndroid4.4Android4.4
ストレージ1GB RAM+8GB512MB RAM+4GB
入れる曲数およそ1500およそ500
防水レベルIPX8IPX7
バイブレーション
機能
心拍数
モニター
バリエーション
アニメーション
文字盤
カスタマイズ
文字盤
カスタマイズ
アラーム
歩数計
目標設定
自動
ブルートゥース
ポーチセット別売り付属する
スクロールできます
項目myFirst Fone R1smyFirst Fone R1
スクリーンサイズRound 1.3”TFTRound 1.3”TFT
カメラ200万画素200万画素
SIMNanoNano
システムAndroid4.4Android4.4
ストレージ1GB RAM+8GB512MB RAM+4GB
入れる曲数およそ1500およそ500
防水レベルIPX8IPX7
バイブレーション
機能
心拍数
モニター
バリエーション
アニメーション
文字盤
カスタマイズ
文字盤
カスタマイズ
アラーム
歩数計
目標設定
自動
ブルートゥース
ポーチセット別売り付属する
新機能強化された機能
バイブレーション機能
心拍数モニター
アニメーション文字盤
手上げ点灯機能
音楽プレーヤー
IPX8級防水
カスタマイズアラーム
活動量計の達成度表示

表を見てもらえばわかるとおり、R1sには旧モデルのR1から様々な機能が追加されています。

その中でも、子供の見守りをする上で大きいのは、バイブレーション機能が追加されたことです。

旧モデルのR1では、学校や習い事の最中に着信音が鳴らないようにしていると、帰り道などでも親からの連絡に気づきにくいという問題がありました。

バイブレーション機能が追加されたことで、緊急時に、確実に連絡をとりたい場合の安心感が増しました。

機能面で選ぶならR1s、価格で選ぶならR1がオススメです。

  • 通常1年の保証期間が2年間延長できる
  • 商品到着後1週間、理由問わず返品可能
  • 保護フィルム、イヤホンとセット購入で割引
「たすけて、こまった」を見逃さないために

1/19追記
Oaxis公式サイトで、myFirst Fone R1は、2/1から価格変更により22,800円(税込)での販売となることがアナウンスされました。
今の価格が18,800円なので、なんと4,000円アップ!
購入を検討されている方はお急ぎください。

キッズスマートウォッチ、myFirst Fone R1
  • 今なら10%offで購入できる
  • 通常1年の保証期間が2年間延長できる
  • 商品到着後1週間、理由問わず返品可能
  • 保護フィルム、イヤホンとセット購入で割引
今の価格で買えるのは1/31まで!

詳細は別の記事で解説しています。詳しく知りたい方は下のリンクからどうぞ。

【比較レビュー】myFirst Fone R1sとR1の違いは?どちらを選ぶべきか口コミ・評判を紹介!メリット・デメリットも解説

まとめ

この記事では、「QUSHUO」と「Oaxis myFirst Fone」を比較し、どちらがオススメかをまとめました。

最後におさらいすると、次のようになります。

  • 価格を重視するなら「Oaxis myFirst Fone」より「QISHUO」
  • 安心感を重視するなら「QISHUO」より「Oaxis myFirst Fone」

また、「QISHUO」のLT25とLT21のどちらを選ぶべきかについては「LT25」が安全面でオススメ

「Oaxis myFirst Fone」のR1sとR1のどちらを選ぶべきかについては、価格で選ぶならR1、機能面で選ぶならR1sがオススメです。

見守り用キッズスマートウォッチを選ぶ上で、この記事が参考になれば幸いです。

こちらの記事もぜひ参考にされてください。

【子供の見守り機能で比較】キッズスマートウォッチ6選!SIMフリーで通話、GPSが使えるおすすめの機種

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

タップで応援

にほんブログ村 子育てブログ 子供用品・子どもグッズへ

タップで応援

にほんブログ村 教育ブログ 知育教育へ

コメント

コメントする

目次